午前8:00までのご注文は→ 出荷(20個以上・出荷日の注意書きがある商品除く)

人の喜びを我が喜びとする
  一期一会の心あふれる贈り物

「瑞兆」

わたしたち小倉山荘ファームの田んぼでは稲刈り後すぐに次の収穫に向けての準備を始めます。
一般的には、冬の時期は土を乾かしますが、小倉山荘ファームでは刈り跡の残る田んぼに稲わらを戻し、米ぬかを撒き、水を溜めます。
そうすることで、土壌発酵が起こり、微生物やミミズなど多くの生き物が育ち、より良い土壌作りに繋がります。 管理は大変ですが、自然にやさしく、持続可能な農業のあり方を考えお米づくりを進めています。

かつて日本人は稲作を通して一年のはじめと終わりを知り、季節の移り変わりを感じることで、自然に対する豊かな感性を育んできました。
移りゆく季節の中、節目を大切に未来への準備を整える時間は、人の暮らしにおいてもかけがえのないもの。
お世話になった方やご無沙汰している方に、心尽くしのご挨拶を兼ねて贈り物を用意するのも、日本の素晴らしい習慣だと思います。

何事もままならない状況でありますが、会えない人との心の距離が少しでも近づく贈り物として、弊庵の品が一助となれば幸いです。

長岡京 小倉山荘

主人