特集ページ(敬老の日特集2020) を買うなら小倉山荘

小倉山荘の敬老の日特集

2020年の敬老の日は9月21日(月・祝)。
長寿を祝う感謝の贈り物を京都から。

2020年の敬老の日は
9月21日(月・祝)

敬老の日とは?
国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めています。
そして、長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められています。
この敬老の日は、地域の高齢者をいたわり励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が全国的に行われ、家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いするようです。

豪華絢爛!敬老の日限定品

敬老の日限定段重ねセット敬老の日限定段重ねセット

色とりどり味わいとりどりの「京のふき寄せ・恋しかるらむ」と、
極上の黒豆和菓子「京の大黒」の豪華二段重ねセットを特別にご用意。
「感謝の気持ち」の短冊のしをおつけします。

色とりどり味わいとりどりの「京のふき寄せ・恋しかるらむ」と、極上の黒豆和菓子「京の大黒」の豪華二段重ねセットを特別にご用意。

  • キラキラ創作ふき寄せ×
    極上京和菓子

    京のふき寄せ・恋しかるらむ京のふき寄せ・恋しかるらむ

    揚げ菓子や豆菓子など色とりどりの「京のふき寄せ・恋しかるらむ」と、和菓子通もうなる大粒黒豆のゆたかな旨みの「京の大黒」です。

  • 「感謝の気持ち」

    短冊のし付き

    段重ね段重ね

    二段に重ねて丁寧に包み、「感謝の気持ち」の短冊のしをおつけしました。

  • 敬老の日限定段重ねセット敬老の日限定段重ねセット

    敬老の日限定段重ねセット

    京のふき寄せ・恋しかるらむ+京の大黒

    4,268円(税込)

の秋季限定品

秋さやか秋さやか

千年の時を経ても変わらぬ日本の秋に想いを馳せ、
季節の意匠を取り入れた味覚の数々を詰め合わせた
「秋さやか」。紅葉の美しい風景を味覚と視覚で
お楽しみいただける、お手みやげに
最適なお品です。

  • 彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(大)彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(大)

    彩の菓 詰め合わせ
    秋さやか
    化粧箱(大)

    11種類35袋

    3,240円(税込)

  • 彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(小)彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(小)

    彩の菓 詰め合わせ
    秋さやか
    化粧箱(小)

    11種類25袋

    2,160円(税込)

その他サイズはこちら→


秋をぐら山春秋 月にもみぢ秋をぐら山春秋 月にもみぢ

当店いちばん人気あられの「をぐら山春秋」の
秋季限定商品。
「紫芋」「メイプル蜜掛け」など秋の味覚・
かたちを彩ったひと口あられ。

  • 秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧箱(大)秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧箱(大)

    秋をぐら山春秋
    月にもみぢ
    化粧箱(大)

    8ヶ入り20袋

    2,160円(税込)

  • 秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋

    秋をぐら山春秋
    月にもみぢ
    化粧袋

    8ヶ入り10袋

    1,080円(税込)

その他サイズはこちら→


秋にしき秋にしき

小倉百人一首の世界、日本の四季を想う心を
色とりどりのあられに託し、季節の趣を
創作ふき寄せとしてご用意いたしました。

京和菓子
長岡京 明月菓寮

鈴カステラ鈴カステラ

ころん、と愛らしいカステラは、かつて都として栄えた
長岡京ゆかりの「鈴」がモチーフ。素材にこだわり、
職人技によってていねいに作られたカステラ生地は、
程よい弾力としっとりした味わい。

  • 鈴カステラ鈴カステラ

    明月菓寮
    鈴カステラ

    3袋箱

    1,340円(税込)~

  • 鈴カステラ安納芋鈴カステラ安納芋

    明月菓寮
    鈴カステラ
    安納芋

    鈴カステラ1袋・鈴カステラ安納芋2袋

    1,361円(税込)~

餅まんじゅう餅まんじゅう

しっとり、もっちりとした生地と素材が生きた餡の
おいしい組み合わせ。生地は国産の餅米粉を使い、
かたさや粘りにこだわり絶妙な食感に仕上げました。

  • 餅まんじゅう餅まんじゅう

    明月菓寮
    餅まんじゅう

    8個箱(小倉餡4・手芒餡2・抹茶餡2)

    1,534円(税込)~

  • 秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋

    明月菓寮
    餅まんじゅう
    栗餡

    8個箱(栗餡2・小倉餡2・手芒餡2・抹茶餡2)

    1,642円(税込)~

  • 十色のふき寄せ 夏かえで十色のふき寄せ 夏かえで

    明月菓寮
    蜜菓 安納芋

    安納芋を糖蜜でコーティング

    486円(税込)~

  • 栗まんじゅう栗まんじゅう

    明月菓寮
    栗まんじゅう

    白餡に刻み栗を合わせ照りよく焼きあげました

    2,160円(税込)~

  • どら焼きどら焼き

    明月菓寮
    どら焼き

    丁寧に炊き上げた餡をふわふわ生地に挟みました

    1,275円(税込)

  • 米粉クッキー米粉クッキー

    明月菓寮
    米粉クッキー

    国内産うるち米粉100%使用のふわりとしたやさしい食感

    864円(税込)~

価格から選ぶ

敬老の日豆知識

敬老の日はいつ?

敬老の日は、元々は9月15日でしたが、2001年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2003年からは9月第3月曜日となりました。

敬老の日の由来は?

現在の敬老の日の由来は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。
これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということで各方面から異議が起こり、「老人の日」にいったん改名されました。

やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年、「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日と制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められました。
なお、起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈り物をした日であるという説もあります。