小倉山荘の敬老の日特集

小倉山荘の敬老の日特集

2022年の敬老の日は9月19日(月・祝)。
長寿を祝う感謝の贈り物を京都から。

2022年の敬老の日は
9月19日(月・祝)

敬老の日とは?
国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めています。
そして、長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められています。
この敬老の日は、地域の高齢者をいたわり励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が全国的に行われ、家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いするようです。

敬老の日豆知識

敬老の日はいつ?

敬老の日は、元々は9月15日でしたが、2001年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2003年からは9月第3月曜日となりました。

敬老の日の由来は?

現在の敬老の日の由来は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。
これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということで各方面から異議が起こり、「老人の日」にいったん改名されました。

やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年、「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日と制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められました。
なお、起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たちを救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈り物をした日であるという説もあります。

豪華絢爛!敬老の日限定品

敬老の日限定段重ねセット敬老の日限定段重ねセット

ふっくらと焼き上げた三趣のお味「定家の月」と
ふくよかに広がるコクと旨みの
「嵯峨乃焼」を二段に重ね、
「感謝の気持ち」の短冊のしをおつけした
段重ねセットをご用意しました。

  • 敬老の日限定段重ねセット敬老の日限定段重ねセット

    敬老の日限定段重ねセット

    定家の月+嵯峨乃焼

    2,270円(税込)

錦秋の限定品

秋さやか秋さやか

千年の時を経ても変わらぬ日本の秋に想いを馳せ、
季節の意匠を取り入れた味覚の数々を詰め合わせた
「秋さやか」。紅葉の美しい風景を味覚と視覚で
お楽しみいただける、お手みやげに
最適なお品です。

  • 彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(大)彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(大)

    彩の菓 詰め合わせ
    秋さやか
    化粧箱(大)

    11種類36袋

    3,456円(税込)

  • 彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(小)彩の菓 詰め合わせ 秋さやか 化粧箱(小)

    彩の菓 詰め合わせ
    秋さやか
    化粧箱(小)

    11種類27袋

    2,268円(税込)

その他サイズはこちら→


秋をぐら山春秋 月にもみぢ秋をぐら山春秋 月にもみぢ

当店いちばん人気あられの「をぐら山春秋」の
秋季限定商品。
「紫芋」「メイプル蜜掛け」など秋の味覚・
かたちを彩ったひと口あられ。

  • 秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧箱(大)秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧箱(大)

    秋をぐら山春秋
    月にもみぢ
    化粧箱(大)

    8ヶ入り30袋

    3,240円(税込)

  • 秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋秋をぐら山春秋 月にもみぢ 化粧袋

    秋をぐら山春秋
    月にもみぢ
    化粧袋

    8ヶ入り10袋

    1,080円(税込)

その他サイズはこちら→


秋にしき秋にしき

小倉百人一首の世界、日本の四季を想う心を
色とりどりのあられに託し、季節の趣を
創作ふき寄せとしてご用意いたしました。

  • 秋にしき秋にしき

    十色のふき寄せ
    秋にしき

    専用手提げ袋付き

    864円(税込)

価格から選ぶ