【2月25日販売予定】十色のふき寄せ 春かすみ 専用手提げ袋付き 春かすみ(95g)

買い物かご

季節の趣を創作ふき寄せとしてご用意いたしました。桜のイラスト入りの手提げ袋付き。
商品番号:
30819
送料係数:
4

【2月25日販売予定】十色のふき寄せ 春かすみ 専用手提げ袋付き 春かすみ(95g)

小倉百人一首の世界、日本の四季を想う心を色とりどりのあられに託し、季節の趣を創作ふき寄せとしてご用意いたしました。春限定の本品は桜型のあられを多めに詰め合わせ、華やかなデザインの缶入りです。桜のイラスト入りの手提げ袋付き。
  • 手提げ袋:紙タイプ
  • 包装・限定のし不可
  • 【賞味期限】製造日より90日

  • 竹生の郷本店
  • 登美ヶ丘店
  • 草津店
  • 枚方南店
  • 伏見店
  • 阪急上新庄店
  • 伊丹宝塚店
  • 宇治城陽店
  • 箕面雅寮
  • 茨木店
  • くずは店
  • 平安神宮前店
  • 芦屋店
  • 本町店
  • 亀岡並河工場売店
  • 松井山手店
【店舗受け取りにつきまして】
店舗に在庫が無い場合は、カート内に該当店舗が表示されません。
在庫:
×
¥972(税込)
数量:
-+
入り数
95g
在庫がありません
【限定のし】季節のかけ紙(季節の花・歳時記シリーズ)・鶴のし・鷹のし・束ねのし・仏事用黒白かけ紙

お客様の声

総合評価:
平均5点
 / 
投稿件数:
1

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

  • 缶蓋を開けると、京都の春

    5点
    投稿者:
    北国に春
    コロナウィルス騒ぎやらで定年退職から4年近く過ぎましたが、長年の願いがかない、やっと来られた定年退職記念の京都旅行の帰路、3月4日(土)JR京都駅の売店で、新幹線に乗る前に購入しました。
    京都を想い起こさせてくれそうな、上品で質素な華やかさのお菓子で、思わず購入しました。
    京都も、桜はまだまだでしたが、白梅紅梅が咲いており、都の早春を満喫して来たところでした。
    帰り着いた故郷の岩手・花巻は、春が近づいているとはいえ、未だ雪がここかしこに残っていました。
    数日して、桜花が咲き散る缶の蓋を開けると、まさに色とりどりのお菓子が散りばめて詰められており、あぁ!春だぁ、という感じです。
    少しずつ、美味しくいただいています。
    缶も、京都旅行の思い出の品として、大事にします。
    ありがとうございました。

十色のふき寄せ 春かすみ


桜咲く季節の
創作ふき寄せ

パッケージ画像

小さなお箱にお詰めした彩々のあられが『小倉百人一首』の世界、日本の四季を想う心を詠いあげます。
華やぐ春のおともに。

小倉山荘のご紹介

人の喜びを、わが喜びとする
一期一会の心あふれる贈り物

茶の湯で「一期一会」という言葉が使われます。
この一期一会とは、彦根藩の藩主であり、後に幕府の大老となった井伊直弼が伝え広めた「茶湯一会集」より広まった言葉です。
この一会集の中で井伊直弼は、「人と人との交わりにおいてその瞬間瞬間の心を大切にしよう。今日唯今の交わりは、ふたたびかえってはこない。
この貴き今に己を生かしきり、心をつくして交わろう。」と述べています。

お互いが相手を思い、敬いの心で接すれば自然とその心が相手に伝わり、相叶うことができる。
そこに余情残心の深い人間関係の味わいがあるのだと説いているのです。
誠にそのとおりで、このことは、贈り物の選択にもいえるのではないでしょうか。
この度の贈るというご縁がふたたびめぐってこないと思えば、けっしておろそかにできません。先様にすこしでも多く喜んでいただきたい。
そのような思いをこめて、贈り物の選択に心をつくす。
本当の贈り物とは、このような相手を思いやる「心づくし」にこそあるのではないでしょうか。

どうぞ、長岡京・小倉山荘の雅の銘菓を、お世話になった方へのお礼、お土産、慶弔のおくばりもの、盆暮のご進物など、あなたさまのご縁ある方へ一期一会の真心の使者としてお選びください。

お客様の声

総合評価:
平均5点
 / 
投稿件数:
1

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

  • 缶蓋を開けると、京都の春

    5点
    投稿者:
    北国に春
    コロナウィルス騒ぎやらで定年退職から4年近く過ぎましたが、長年の願いがかない、やっと来られた定年退職記念の京都旅行の帰路、3月4日(土)JR京都駅の売店で、新幹線に乗る前に購入しました。
    京都を想い起こさせてくれそうな、上品で質素な華やかさのお菓子で、思わず購入しました。
    京都も、桜はまだまだでしたが、白梅紅梅が咲いており、都の早春を満喫して来たところでした。
    帰り着いた故郷の岩手・花巻は、春が近づいているとはいえ、未だ雪がここかしこに残っていました。
    数日して、桜花が咲き散る缶の蓋を開けると、まさに色とりどりのお菓子が散りばめて詰められており、あぁ!春だぁ、という感じです。
    少しずつ、美味しくいただいています。
    缶も、京都旅行の思い出の品として、大事にします。
    ありがとうございました。