丹波黒豆涼菓 寄石恋 を買うなら小倉山荘

丹波黒豆涼菓 寄石恋

艶よく煮上げた大粒の丹波黒大豆を瑞々しくなめらかなゼリーで包みました。 人知れず涙に明け暮れる片恋を、潮が引いても人目に触れることのない水底の石になぞらえておつくりした、情緒あふれるゼリーです。

寄石恋


黒豆を、より風味豊かにふっくらと。

パッケージ画像

豆の炊き方にこだわり、黒豆本来の豊かな風味を楽しめる『寄石恋』。
口あたりなめらかなゼリーでふっくらとした黒豆を包み込んだ「黒豆涼菓」と黒糖のコクも楽しめる「黒豆わらび」の二種の味わいをご用意しております。

【美味しさワンポイント】
冷蔵庫で2~3時間冷やしますと、より美味しくお召しあがりいただけます。

小倉山荘のご紹介

人の喜びを、わが喜びとする
一期一会の心あふれる贈り物

茶の湯で「一期一会」という言葉が使われます。
この一期一会とは、彦根藩の藩主であり、後に幕府の大老となった井伊直弼が伝え広めた「茶湯一会集」より広まった言葉です。
この一会集の中で井伊直弼は、「人と人との交わりにおいてその瞬間瞬間の心を大切にしよう。今日唯今の交わりは、ふたたびかえってはこない。
この貴き今に己を生かしきり、心をつくして交わろう。」と述べています。

お互いが相手を思い、敬いの心で接すれば自然とその心が相手に伝わり、相叶うことができる。
そこに余情残心の深い人間関係の味わいがあるのだと説いているのです。
誠にそのとおりで、このことは、贈り物の選択にもいえるのではないでしょうか。
この度の贈るというご縁がふたたびめぐってこないと思えば、けっしておろそかにできません。先様にすこしでも多く喜んでいただきたい。
そのような思いをこめて、贈り物の選択に心をつくす。
本当の贈り物とは、このような相手を思いやる「心づくし」にこそあるのではないでしょうか。

どうぞ、長岡京・小倉山荘の雅の銘菓を、お世話になった方へのお礼、お土産、慶弔のおくばりもの、盆暮のご進物など、あなたさまのご縁ある方へ一期一会の真心の使者としてお選びください。

Instagram

  • Instagram:夏越し歌
  • Instagram:小暑
  • Instagram:をぐら山春秋
  • Instagram:をぐら山春秋あられ&ショコラ
  • Instagram:夏至
  • Instagram:水かんてん
  • Instagram:店舗
ご利用ガイド

午前8:00までの
ご注文は


出荷

(20個以上・出荷日の注意書きがある商品除く)

送料計算目安表