吉祥一陽来復 を買うなら小倉山荘

午前8:00までのご注文は→ 出荷(20個以上・出荷日の注意書きがある商品除く)

吉祥一陽来復

小倉山荘「吉祥一陽来復」は、贈り主様から先様への想いが伝わるよう、慶事の象徴色であり邪気を祓う力を持つとされている赤色の風呂敷に、心づくしのお品をお包みいたしました。新しき年が皆様方にとりましてよき年となりますよう、「一陽来復」を願う伝統の心とともにお届けいたします。

並べ替え

2件あります
2件あります

副づくしおかき詰め合わせ 一陽吉祥来復


定番おかき+限定おかき
専用風呂敷でつつんでお届け

パッケージ画像

「一陽来復」は冬至を表す言葉であると同時に、冬が去って春がやってくること、新年を迎えることを意味します。
易では陰が極まって再び陽が生じてくることから、「おめでたいことが再び訪れる」という意味合いも含んでいます。
この機会に、改めて半年を振り返り、日頃から何かと心遣いしていただいている方々に感謝を伝えることで、気持ちを新たにしたいものです。

年の暮れや新年に、古くからお付き合いのある大切な方やお世話になった方の福を願うごあいさつの贈りもの。
贈り主様から先様への想いが伝わるよう、邪気を祓う力を宿すとされる赤色の風呂敷に、心づくしのお品をお包みいたしました。
「包む」は「つつしむ(慎む・謹む)」に通じ、風呂敷を結ぶことは人と人のご縁を結ぶこと。新しき年が良き年となりますよう、「一陽来復」を願う心とともにお届けいたします。

「吉祥一陽来復」にはたくさんの“ワクワク”を詰めて贈ります

  • 百人一首 貝あわせ最中百人一首 貝あわせ最中

    百人一首
    貝あわせ最中
    百人一首かるたの原型で、貴族の嫁入り道具にもある「貝あわせ」をかたどった最中です。

  • 干支印 たまごせんべい干支印 たまごせんべい

    干支印
    たまごせんべい
    優しい甘さのたまごせんべいに、干支“寅”の焼印を施しました。

  • 招福 干支飴招福 干支飴

    招福
    干支飴
    十二支の絵柄をあしらった飴とべっこう飴。受け継がれる干支のつながりに、永遠の繁栄を願います。

  • 海苔巻おかき 墨染の袖海苔巻おかき 墨染の袖

    海苔巻おかき
    墨染の袖
    海苔は昔、希少であったことから縁起物とされています。その焼き海苔で、溜まり醤油のおかきを巻きました。

  • 宝来 柚子飴宝来 柚子飴

    宝来
    柚子飴
    冬至にゆかりの柚子。皆様の健康と「八方円満」を祈り、おつくりした七粒のやわらかい食感の飴です。

  • 丹波黒豆おかき 福豆の菓丹波黒豆おかき 福豆の菓

    丹波黒豆おかき
    福豆の菓
    大粒の丹波黒豆を使用しました。香ばしさを引き立てるために、あっさりした塩味で仕上げました。

  • 慶福 丹波黒豆煮慶福 丹波黒豆煮

    慶福
    丹波黒豆煮
    「まめに働き、まめに暮らせるように」と、縁起を担いだお正月にふさわしい一品です。

  • 豊穣 赤飯せんべい豊穣 赤飯せんべい

    豊穣
    赤飯せんべい
    ハレの席に欠かせないお赤飯を、サクサクした食感のおせんべいに仕上げました。

  • あられ六菓撰 をぐら山春秋あられ六菓撰 をぐら山春秋

    あられ六菓撰
    をぐら山春秋
    日本の四季を小さなあられで表現した小倉山荘の代表菓です。

  • 明月おせんべい 定家の月

    明月おせんべい
    定家の月
    三つのお味を三趣の月の表情に見立てた、口あたりもやわらかなおせんべいです。

  • 美味しいおせんべい 味と歴史の散歩道 嵯峨乃焼

    美味しいおせんべい 味と歴史の散歩道
    嵯峨乃焼
    甘醤油のコクと秘伝のだしの旨味が後をひく、ソフトなおせんべいです。

小倉山荘が一年の集大成としておつくりする歳末限定詰め合わせ「吉祥一陽来復」。
定番おかきと福づくしの限定お菓子を加え、縁起の良い模様として扱われる華七宝の柄をデザインした缶を艶やかな風呂敷に包んでお送りします。 おめでたいお菓子をめいっぱい詰め合わせていますので、お歳暮・お年賀・新春のお祝いなどにご利用ください。

商品内容

小倉山荘のご紹介

人の喜びを、わが喜びとする
一期一会の心あふれる贈り物

茶の湯で「一期一会」という言葉が使われます。
この一期一会とは、彦根藩の藩主であり、後に幕府の大老となった井伊直弼が伝え広めた「茶湯一会集」より広まった言葉です。
この一会集の中で井伊直弼は、「人と人との交わりにおいてその瞬間瞬間の心を大切にしよう。今日唯今の交わりは、ふたたびかえってはこない。
この貴き今に己を生かしきり、心をつくして交わろう。」と述べています。

お互いが相手を思い、敬いの心で接すれば自然とその心が相手に伝わり、相叶うことができる。
そこに余情残心の深い人間関係の味わいがあるのだと説いているのです。
誠にそのとおりで、このことは、贈り物の選択にもいえるのではないでしょうか。
この度の贈るというご縁がふたたびめぐってこないと思えば、けっしておろそかにできません。先様にすこしでも多く喜んでいただきたい。
そのような思いをこめて、贈り物の選択に心をつくす。
本当の贈り物とは、このような相手を思いやる「心づくし」にこそあるのではないでしょうか。

どうぞ、長岡京・小倉山荘の雅の銘菓を、お世話になった方へのお礼、お土産、慶弔のおくばりもの、盆暮のご進物など、あなたさまのご縁ある方へ一期一会の真心の使者としてお選びください。