酒米飴 酒米飴(145g入:個装紙込み)

商品番号:
12860
送料係数:
3

酒米飴 酒米飴(145g入:個装紙込み)

体温で溶けてしまう白き飴を、白々と降り積もった雪に例えました。伏見の酒蔵より醸しだされた地酒と酒粕を用いた柔らかな飴です。使用の酒米は「祝(いわい)」。搗精しやすく、低蛋白質で酒造適性が非常に高い、吟醸酒向きの良質品種で丹波・丹後で栽培されたあと、伏見を中心に京都の蔵元で使用されることが多いお米です。
※ソフトな飴で、噛むと歯の治療物や入れ歯が抜ける場合があります。
※25℃を超えると柔らかくなります。
  • 熨斗・包装不可
  • 【賞味期限】2021年4月30日
  • 3~4営業日以内に発送
在庫:
×
¥454(税込)
数量:
-+
商品区分1
表示しない
入り数
145g入:個装紙込み
在庫がありません

お客様の声

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

酒米飴


小倉山荘のご紹介

人の喜びを、わが喜びとする
一期一会の心あふれる贈り物

茶の湯で「一期一会」という言葉が使われます。
この一期一会とは、彦根藩の藩主であり、後に幕府の大老となった井伊直弼が伝え広めた「茶湯一会集」より広まった言葉です。
この一会集の中で井伊直弼は、「人と人との交わりにおいてその瞬間瞬間の心を大切にしよう。今日唯今の交わりは、ふたたびかえってはこない。
この貴き今に己を生かしきり、心をつくして交わろう。」と述べています。

お互いが相手を思い、敬いの心で接すれば自然とその心が相手に伝わり、相叶うことができる。
そこに余情残心の深い人間関係の味わいがあるのだと説いているのです。
誠にそのとおりで、このことは、贈り物の選択にもいえるのではないでしょうか。
この度の贈るというご縁がふたたびめぐってこないと思えば、けっしておろそかにできません。先様にすこしでも多く喜んでいただきたい。
そのような思いをこめて、贈り物の選択に心をつくす。
本当の贈り物とは、このような相手を思いやる「心づくし」にこそあるのではないでしょうか。

どうぞ、長岡京・小倉山荘の雅の銘菓を、お世話になった方へのお礼、お土産、慶弔のおくばりもの、盆暮のご進物など、あなたさまのご縁ある方へ一期一会の真心の使者としてお選びください。

お客様の声

この商品に寄せられたレビューはまだありません。