仏事におすすめする理由 一、気品と風格 二、かけ紙 三、手提げ袋 四、日持ち 五、小分け

仏事専用商品

仏事用 をぐら山春秋


仏事用 白菊の花


仏事専用商品

仏事用 をぐら山春秋 仏事用 白菊の花

定番 リーズナブルな銘菓撰

嵯峨乃焼

定家の月

小倉名月

京のやき餅


定番 リーズナブルな銘菓撰

嵯峨乃焼 定家の月 小倉名月 京のやき餅

価格帯別商品

価格帯別商品


3,000円~

3,000円~

1,501円~3,000円

1,501円~3,000円

熨斗・手提げ袋・ご挨拶状について

熨斗・手提げ袋・ご挨拶状について

手提げ袋 日本のこころあふれる小倉山荘オリジナル「百人一首手提げ袋」を、ご希望の方に無料でお配りしています。熨斗と同様、備考欄にご指示ください。手提げ袋側面に小倉百人一首。表面には「人のよろこびかなしみまさに我が心とす」ではじまる一期一会の精神を書にしたためています。

手提げ袋 日本のこころあふれる小倉山荘オリジナル「百人一首手提げ袋」を、ご希望の方に無料でお配りしています。熨斗と同様、備考欄にご指示ください。手提げ袋側面に小倉百人一首。表面には「人のよろこびかなしみまさに我が心とす」ではじまる一期一会の精神を書にしたためています。

手提げ袋 日本のこころあふれる小倉山荘オリジナル「百人一首手提げ袋」を、ご希望の方に無料でお配りしています。熨斗と同様、備考欄にご指示ください。手提げ袋側面に小倉百人一首。表面には「人のよろこびかなしみまさに我が心とす」ではじまる一期一会の精神を書にしたためています。

  • 封筒見本1
  • 封筒見本2
  • ハガキ見本

手提げ袋 日本のこころあふれる小倉山荘オリジナル「百人一首手提げ袋」を、ご希望の方に無料でお配りしています。熨斗と同様、備考欄にご指示ください。手提げ袋側面に小倉百人一首。表面には「人のよろこびかなしみまさに我が心とす」ではじまる一期一会の精神を書にしたためています。手提げ袋 日本のこころあふれる小倉山荘オリジナル「百人一首手提げ袋」を、ご希望の方に無料でお配りしています。熨斗と同様、備考欄にご指示ください。手提げ袋側面に小倉百人一首。表面には「人のよろこびかなしみまさに我が心とす」ではじまる一期一会の精神を書にしたためています。

PDFにてお見本をご確認いただけます

  • 封筒見本1
  • 封筒見本2
  • ハガキ見本

仏事の豆知識


仏事の豆知識

■ 年忌法要
「一周忌」「三回忌(満2年)」のあとは「七回忌」「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」とつづき、「三十三回忌」で締めくくるのが通例。
■ 年忌法要の引き物
日持ちするもの。食べものや消耗品などなくなってしまうものが最適。
■ 法要に招かれた際のかけ紙
四十九日の忌明け前は「御霊前」、忌明け後は「御仏前」「御供」
■ 香典返しの一般例
「半返し」~3分の一程度の物が一般的。かけ紙は「志」「粗供養」、関西方面では「満中陰志」「忌明志」「茶の子」などが使われます。
お盆について
時期
1)8月13日~16日(4日間) 全国的に多い
2)7月13日~16日(4日間) 関東方面の一部
3)旧暦の7月15日
お盆の期間は地域によって様々ですが、8月中旬をお盆とするのが現在の主流となっています。なお、沖縄県では現在でも旧暦の7月15日に行うことが多いようです。また、四十九日法要が終わってから次に迎える最初のお盆を「初盆(はつぼん)または新盆(にいぼん)」と呼びます。
お彼岸について
時期
お彼岸は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間。初日を彼岸の入り、最終日を彼岸の明けといい、中間の日は「彼岸の中日」と呼ばれます。