餅まんじゅう 栗餡

−季節限定−秋の和菓子 色づく山々の美しさに心をゆさぶられる四季のなかで最も表情ゆたかな秋。旬の素材で秋を感じる秋の和菓子をご用意いたしました。

餅まんじゅう 栗餡

蜜漬けにした栗を大粒に刻み、白餡に栗ペーストを合わせた餡と一緒に生地で包みました。栗の食感としっとり、もっちりした生地とのおいしさをお楽しみください。

空は雪 庭をば月の ひかりとて いづくに花の ありかたづねむ 藤原定家

竹箱 長岡京の風情を添えて 竹箱の上から季節の巻き紙をお包みしてお届けいたします。※季節によって巻き紙のデザインが変更になります。


長岡京 明月菓寮について


定家が愛した日本の美と心を、
皆さまのお手元へ。


『小倉百人一首』を編んだとされる歌人・藤原定家は、みずからも名歌を数多く残しました。 目には見えない花の在処をたずねるこの歌には、親しき友への追慕の情が表されています。移り変わる世の中だからこそ、すべての命が尊く、人を恋しいと感じる。こうした中世の「無常観」をしみじみと情感ゆたかに詠み上げたのです。

天才歌人として活躍するかたわら、定家は半世紀以上に渡り日々の心情を日記『明月記』に書き記しました。一瞬たりとも同じ日はない日常の出来事や人間のいとなみ、世の中の変容していく様を、定家は後世へつなげようとしたのではないでしょうか。

定家が描いた王朝人の「美意識」やゆたかな「心情」をお菓子に添えて、皆さまのお手元へお届けしたい。 <明月菓寮>のお菓子には、そんな心が込められています。四季を楽しむ日々のおやつから、想いを届ける心尽くしの贈りものまで、一期一会を大切にする<長岡京 小倉山荘>の精神を受け継ぎながら、あたたかな心の絆を結んでまいります。

長岡京 明月菓寮
主人 山本 雄吉


明月菓寮では贈りものにふさわしい詰め合わせギフトを多彩にご用意しております。季節のうつろいを伝える掛紙に折々の風情を詠んだ藤原定家の和歌を添えて、心を込めて先様へお届けいたします。



餅まんじゅう 栗餡 ご注文はこちら

餅まんじゅう栗餡 12個箱
12個箱
2,549円(税込)
ご注文はこちら >>
餅まんじゅう栗餡 8個箱
8個箱
1,664円(税込)
ご注文はこちら >>
   
餅まんじゅう栗餡 竹箱5個入
竹箱5個入
1,242円(税込)
ご注文はこちら >>
   

明月菓寮一覧
明月菓寮一覧はこちら

ページトップに戻る