ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2003年1月30日配信】[No.099]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  人もをし 人も恨(うら)めし あぢきなく
   世を思ふ故(ゆゑ)に もの思ふ身は

           後鳥羽院(99番) 『続後撰集』雑・1199

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  気が付けばもう2月。
 2月3日は節分です。節分は本来、立春・立夏・立秋・立冬の前
 日を言います。立春とは暦の上で春の兆しがはじめて感じられる
 日のこと。立春前の節分が1年のはじまりとして一番重要視され
 たため、普通「節分」と言うと、2月はじめのこの日を指します。

  節分には「鬼は外! 福は内」と言いながら豆まきをしますね。
 これはそもそも8世紀のはじめ、文武天皇の頃に伝染病が流行っ
 たため、中国の伝説にある「土牛」という牛の人形を作って病気
 を払ったのが最初だそうです。
 「追儺(ついな)」といい、平安時代には宮中で弓や矛を地面に
 打ちつけながら、鬼を払ったそうです。絵巻物などに、鬼が逃げ
 ていく姿を描いたものがありますが、それなども追儺の儀式を描
 いたものでしょう。
  京都では伏見稲荷や壬生寺で節分の行事が行われます。こうし
 た行事を見に行くのもまた楽しいものです。
 
  さて今回は、追儺ではありませんが、企てに失敗し、都を追わ
 れた長の詠んだ一首です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  人間がいとおしくも、また人間が恨めしくも思われる。つまら
 ない世の中だと思うために、悩んでしまうこの私には。
 
■□■ ことば ■□■

 【人もをし 人も恨(うら)めし】
 「をし」は「愛(を)し」と書き、「愛おしい」という意味にな
 ります。「恨(うら)めし」は「恨めしい」という意味です。
 「も」は並列の助詞で、この2つが対照的に使われています。
 【あぢきなく】
 形容詞「あぢきなし」の連用形で、「面白くなく」という意味に
 なります。
 【世を思ふ故(ゆゑ)に】
 「世を思ふ」は「世間・天下のことを思いわずらう」という意味
 です。
 【もの思ふ身は】
 「もの思ふ」は自分の心に沸き上がるさまざまな思いのことで、
 「身」は作者自身を指します。上の句に続く倒置法を使っていま
 す。

■□■ 作者 ■□■

  後鳥羽院(ごとばいん。1180〜1239)
 高倉天皇の第四皇子で名前は尊成(たかひら)です。源平の戦が
 終わり、平氏が安徳天皇を奉じて西へ下った年に5歳で即位。翌
 年鎌倉幕府が成立しました。その後、19歳で位を譲り院政をしき
 ましたが、幕府と対立し、3代将軍源実朝暗殺事件の後、承久3
 年に北条義時討伐に失敗(承久の変)。隠岐へ流され、19年そこ
 で暮らして後、崩御しました。歌会に熱心で藤原定家らに新古今
 和歌集の編纂を命じています。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  作者・後鳥羽院は、平安時代末期、源氏と平家の戦いが続いて
 いた激動の時代に生まれました。戦続きで都は荒廃し、京から東
 国の鎌倉へ遷都が行われ、貴族の時代が終わって武士の時代が始
 まろうとしていました。
  そもそも後鳥羽院は、滅亡した平家が西国へ逃れるおり、4歳
 の安徳天皇を連れていったため、即位した人です。即位の翌年、
 安徳天皇は壇の浦の合戦で入水しています。貴族の立場はそれほ
 ど不安定で無力になっていました。
             ◆◇◆
  この一首は、後鳥羽院が33歳の折りに詠んだ歌だと言われてい
 ます。憂鬱さが漂う歌ですが、それは貴族社会の終わりに立ち会
 った院の深い実感でしょう。
  後鳥羽院は、政治権力を奪われた立場にあり、また貴族社会の
 復権を強く望み、歌会など勢いが盛んだった時代を彷彿とさせる
 ような催しを数多く執り行っています。
  自らも非常な歌の名手で、百人一首の撰者・藤原定家らに新古
 今和歌集の編纂を命じるなど、構成に多くの遺産を残しました。
  この歌を百人一首の99番に、100番に院の皇子・順徳院の
 ももしきや 古き軒端のしのぶにも なほあまりある 昔なりけり
  と村上天皇時代の貴族の全盛期を懐かしむ歌を選んだ、定家の
 気持ちがよくわかります。
  激動の歴史を100首の並びに織り込み、元主君を想いをこめた定
 家の百人一首の世界は、なんと広いことでしょうか。
             ◆◇◆
 「人も恨めし」の歌を詠んだ9年後、後鳥羽院は貴族復権を掲げて
 時の執権・北条義時に挑み(承久の変)、破れて島根県の隠岐島へ
 流されます。その地でも創作意欲は衰えず、隠岐本新古今和歌集を
 編纂し歌会なども開催しました。都への復帰を強く望んでいました
 が、ついにかなわず19年後に島で逝去。火葬にされています。
  隠岐は島根県の北の沖合に浮かぶ群島で、後鳥羽院の祀られる隠
 岐神社のある島前と、空港やマリンリゾートが豊富な島後に分かれ
 ます。後鳥羽院が残した豊かな文化遺産と、ダイビングも楽しめる
 美しい海が魅力です。島根県の境港などから汽船が出ているほか、
 米子や出雲、また関西の伊丹空港などから飛行機で訪れることもで
 きます。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ