ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年8月20日配信】[No.070]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
   みそぎぞ夏の しるしなりける

          従二位家隆(98番) 『新勅撰集』夏・192

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  お盆が過ぎ、本当に暑かった今年の夏もさすがに秋の気配が漂
 ってきました。
  風が強くなり、夜は気温が少し下がって過ごしやすくなります。
  さらにあれほど喧しかった蝉の声が聞こえなくなり、代わりに
 草むらから秋の虫の鳴き声が聞こえるようになってきます。
  プールへ行く子供の数も少なくなってきますよね。ソフトボー
 ルやサッカーなどのスポーツクラブもそろそろ大会が終わる頃で
 しょうか。
  20日にもなると、夏休みのドリルや宿題を仕上げなきゃ、と思
 いはじめる子たちもいっぱいいることでしょう。
  今年の夏はどうでしたか?
  そこで、今回は秋の気配を描いた一首をご紹介しましょう。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  風がそよそよと吹いて楢(ナラ)の木の葉を揺らしている。
 この、ならの小川の夕暮れは、すっかり秋の気配となっているが
 六月祓(みなづきばらえ)のみそぎの行事だけが、夏であること
 の証なのだった。
 
■□■ ことば ■□■

 【風そよぐ】
 「そよぐ」は、「そよそよと音をたてる」という意味です。
 【ならの小川の夕暮れは】
 「ならの小川」は、奈良市のことではなく、京都市北区の上賀茂
 (かみがも)神社の境内を流れている御手洗川(みたらしがわ)
 を指しています。さらに「なら」はブナ科の落葉樹、ナラ(楢)
 の木との掛詞で、「神社の杜に生える楢の木の葉に風がそよぐ」
 意味と、「御手洗川に涼しい秋風が吹く」という意味を掛けてい
 ます。
 【みそぎぞ】
 「みそぎ」は「六月祓」のこと。川の水などで身を清め、穢れを
 払い落とすこと。神道では、毎年旧暦の6月30日に六月祓(みな
 づきばらえ)=夏越の祓(なごしのはらえ)といって、その年の
 1月から6月までの罪や穢れを祓い落とす行事が行われました。
 12月30日の晦日祓(みそかばらえ)とも対応する大きな行事です。
  旧暦の6月30日は、現在の暦では8月上旬にあたります。
 「ぞ」は強意の係助詞で、「六月祓こそが」という意味です。
 【夏のしるしなりける】
 「しるし」は「証拠」や「証」といった意味です。「ける」は気
 づきの助動詞「けり」の連体形で、「ぞ」と係結びになっていま
 す。全体で「夏の証なのだよ」という意味になります。

■□■ 作者 ■□■

  従二位家隆(じゅにいいえたか。1158〜1237)
 藤原家隆(ふじわらのいえたか)のこと。権中納言だった藤原光
 隆(みつたか)の息子で、従二位宮内卿(くないきょう)にまで
 昇進し、京都の西、壬生(みぶ)のあたりに住んでいたので「壬
 生二位」と呼ばれていたそうです。
  後鳥羽院の時代の代表的な歌人で、寂蓮法師(じゃくれんほう
 し)の家に婿として入り、藤原俊成に歌を学びました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  涼しい風がそよそよと神社の杜にある楢(なら)の葉ずえをそ
 よがせている。「ならの小川」すなわち御手洗(みたらし)川に
 も風は吹き、秋の気配が感じられる。
  ここは上賀茂神社。今日は6月30日だから、年前半の穢れを落
 とす「六月祓(みなづきばらえ)」の行事の真っ最中だ。
  行事が終われば、明日からは旧暦の7月。夏はもう今日で終わ
 って、明日からは暦の上では秋となる。しかし、この「みそぎ」
 の行事だけは、夏であることの証しであるなあ。
             ◆◇◆
  この歌は、詞書に「寛喜元年女御入内屏風に(かんぎがんねん
 にょうごじゅだいのびょうぶに)」とあります。
  前の関白だった藤原道家の娘、立尊子(しゅんし。立へんに尊)
 が後堀河天皇の中宮(皇后の別名です)になって入内した時に、
 屏風が嫁入り道具としてあつらえられます。
  その屏風には宮中での年中行事が月ごとに描かれているのです
 が、その6月の部分に六月祓の絵の下に書かれたのが、この歌で
 あったというわけです。
  今で言うなら、豪華なカレンダーの挿し絵に付けられた名歌、
 といったところかもしれません。
             ◆◇◆
  平安時代は今と違って、月の動きをもとに1カ月を30日、1年
 を360日と決める太陰暦を使っていました。こよみによく出てくる
 「旧暦」というのがそれです。
  旧暦では1〜3月を春、4〜6月を夏というように3カ月ごと
 で区切っていました。また、今の1年365日である太陽暦に比べ、
 1カ月ほど月日がずれています。
  よって、この歌に出てくる6月30日の「六月祓(みなづきばら
 え)」は、実は8月の初め頃に行われていました。
  しかも旧暦では、7月1日からは秋と決められていました。
 「6月末なのに秋なんておかしいなあ」と思う人は、このことを
 頭においておいてください。
             ◆◇◆
  この歌は、上賀茂神社を流れる御手洗川に吹く風を心地よく感
 じながら、6月の季節の行事を見ている、という爽やかな情景が
 描かれています。六月祓(みなづきばらえ)は、平安時代は12月
 の晦日と並んで、1年の上半期の穢れをすべて川の水で洗い流し
 てしまおうという、大きな区切りの行事です。
 「大晦日並み」ということを考えると、この行事のスケールが想
 像できるでしょう。
  清涼に流れる川に夏のイメージが写される秀歌で、夏の暑さを
 忘れてしまうような涼しさを感じないでしょうか?
             ◆◇◆
  さて、この歌の舞台となった上賀茂神社は、京都市の北の奥ま
 ったところにある、京都でもっとも古い神社で、正式には「賀茂
 別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)と言います。
 7世紀後半の天武天皇の頃に社殿が作られ、現在は国宝および、
 世界文化遺産に指定されています。
  赤い一の鳥居から二の鳥居の間に芝生の馬場があり、5月5日
 には競馬(くらべうま)などが行われ、六月祓も現在でも6月30
 日に行われます。
  しかし上賀茂神社の祭といえば、なんといっても5月15日に開
 催される京都三大祭のひとつ「葵祭(あおいまつり)」でしょう。
 葵の葉を身につけた斎王代が禊ぎを行います。
  「ならの小川」は神社本殿の左右から流れ、橋殿でひとつにな
 ります。みなさんも一度見に行かれてはいかがでしょうか。
  京都駅から上賀茂神社行きの市バスが出ています。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ