ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年10月25日配信】[No.080]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  きりぎりす 鳴くや霜夜(しもよ)の さむしろに
   衣(ころも)かたしき ひとりかも寝む 

     後京極摂政前太政大臣(91番) 『新古今集』秋・518

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  今年は10月に入っても暑い日が続きましたが、ようやくそれも
 落ち着き、やっと秋らしくなってきました。
  こんな異常気象が続くと、細やかな季節感が魅力だった日本は
 どこへ行ってしまうのだろうと、ちょっと心配になります。
 
  しかし、さすがに高山などでは初冠雪の声が次々に届いていま
 す。初霜も降りはじめ、朝晩は晩秋の寒さが身に染みてきた頃。
 きりぎりすなど、秋の虫の美しい音色も秋の気分をいや増してく
 れますね。
  今回は、晩秋に寂しく一人眠る男の歌です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  こおろぎが鳴いている、こんな霜の降る寒い夜に、むしろの上
 に衣の片袖を自分で敷いて、独り(さびしく)寝るのだろうか。
 
■□■ ことば ■□■

 【きりぎりす】
 現在のコオロギのことです。
 【鳴くや霜夜(しもよ)の】
 「鳴く」は動詞の連体形で、霜夜にかかります。「や」は7文字
 の文字数(語調)を整えるための間投助詞です。「霜夜(しもよ)」
 は「霜の降りる晩秋の寒い夜」のことです。ここまでで「こおろ
 ぎが鳴く霜の降る寒い夜の」という意味になります。
 【さむしろに】
 「さ」は言葉を整える接頭語です。「むしろ」は藁などで編んだ
 敷物で、シートのように使われました。「さむしろ」は「寒し」
 との掛詞になっています。
 【衣かたしき】
 平安時代は、男性と女性が一緒に寝る場合は、お互いの着物の袖
 を枕代わりに敷いていました。「片敷き」は自分の袖を自分で敷
 く寂しい独り寝のことです。
 【ひとりかも寝む】
 「独りで寝るんだろうか」という意味です。「か」は疑問の係助
 詞で「も」は強意の係助詞、「む」は推量の助動詞「む」の連体
 形です。
 
■□■ 作者 ■□■

  後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじ
 ょうだいじん。1169〜1206)
 本名は藤原良経(よしつね)。関白藤原兼実(かねざね)の子供
 で、摂政・太政大臣になりましたが38歳で急死しました。早熟の
 天才で、10代の頃の歌が千載集に7首載せられています。新古今
 和歌集の仮名序(かなじょ)を書き、号を秋篠月清(あきしのげ
 っせい)といいます。おじいさんが百人一首76番に登場する法性
 寺忠通(ただみち)で、叔父さんが92番の慈円法師です。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  秋の寂しさがいや増すような一首です。
  平安時代は女性と男性がともに寝る時は、お互いの着物の袖を
 枕にして敷きました。そこでこの歌のように、自分で自分の袖を
 敷いて寝るのは「わびしい独り寝」だと読めるわけです。
             ◆◇◆
  山里のような場所で霜が降る寒い夜、むしろにごろりと横にな
 って独り眠る男。恋人につれなくされて心もだえる、というよう
 な想像がかりたてられます。
  ただ、この歌を作る直前に作者は奥さんに先立たれたそうです。
  そうなると、ちょっと趣も違ったものに感じられそうですね。
             ◆◇◆
  この歌は、前からある2首の歌をふまえて作られた「本歌取り」
 の歌です。憶えておくとよいでしょう。
 「さむしろに 衣かたしき今宵もや 我を待つらむ 宇治の橋姫」
 (古今集)
 「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の 長々し夜をひとりかも寝む」
 (柿本人麻呂・百人一首3番)
             ◆◇◆
  宇治の橋姫という言葉が出ましたが、京都府宇治市は源氏物語
 ゆかりの地として有名で、世界遺産に選ばれた平等院や宇治上神
 社があります。訪れる場合はJR奈良線宇治駅で下車し、東に向
 かって歩いて10分ほどです。ちょうど紅葉の季節ですので三室戸
 寺などの紅葉も見事でしょう。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ