ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年8月10日配信】[No.033]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   夜もすがら もの思ふ頃は 明けやらで
    ねやのひまさへ つれなかりけり

          俊恵法師(85番) 『千載集』恋二・766

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  深い悩みがある人には、「明けない夜はないよ」なんてなぐさ
 め方をすることがあります。いつか悩みや悲しみは解消されるよ
 というような気持ちで言うのですが、恋の悩みはつきないもので
 す。
  まあ、他人の恋の悩みなんぞは放っておけ、なんて意見もあり
 ますが、恋の最中には夜も眠れぬほど想いなやむもの。そんな強
 い思慕を表した歌を今回は取り上げます。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  (いとしい人を想って)夜通しもの思いに沈むこの頃、夜がな
 かなか明けないので、(いつまでも明け方の光が射し込まない)
 寝室の隙間さえも、つれなく冷たいものに思えるのだよ。
 
■□■ ことば ■□■
 【夜もすがら】
  副詞で「夜通し」とか「一晩中」という意味です。
 【もの思ふ頃は】
 「もの思ふ」は、恋歌によく出てきますが、つれない人を想って
 思い悩むという意味です。「頃は」には「この頃」とか「夜ごと
 夜ごと」という意味があるので、全体で「毎晩つれない人のこと
 を想って」という意味になります。
 【明けやらで】
 「夜が明けきらないで」の意味になります。下二段動詞「明く」
 の連用形「明け」に、補助動詞で「すっかり〜し終える」という
 意味の「やる」の未然形がつき、さらに打消しの接続助詞「で」
 が結びついたものです。
 【ねやのひまさへ】
 「ねや(閨)」は「寝室」のことで、「ひま」は「隙間」を意味
 します。「さへ」は「〜でさえ」のことで、ここでは「つれない
 想い人だけでなく寝室の隙間さえもが」という意味となります。
 【つれなかりけり】
 「冷たい」とか「無情だ」とかいう意味で、現代語とそう変わり
 ませんね。「つれなし」という形容詞の連用形に、詠嘆の助動詞
 「けり」がついた形です。
 
■□■ 作者 ■□■

  俊恵法師(しゅんえほうし。1113〜没年不明)
 源経信(つねのぶ)の孫、源俊頼(としより)の息子で、3代続
 けて百人一首に歌が選ばれています。奈良・東大寺の僧で、京都
 白川の自分の坊を「歌林苑(かりんえん)」と名付け、歌人たち
 のサロンとしました。「方丈記」の鴨長明などが俊恵法師の弟子
 として知られています。
 
■□■ 鑑賞 ■□■

  毎晩毎晩恋する人を想い続け、夜も眠れないくらい。早く辛い
 夜が明けないかなあ、と思っていてもなかなか朝の光は射してく
 れない。朝日が射してくる寝室の隙間でさえ、私の思いが通じず
 つれないのだなあ。
             ◆◇◆
  昔の恋愛の歌は「袖が濡れて乾く暇もない(涙が流れ続けて止
 まらない。おかげで涙を拭く着物の袖が乾かない)」など、ちょ
 っとオーバーな表現が多くあります。それがまた魅力のひとつな
 のですが、俊恵法師の歌では思い悩むあまり、不眠症になってし
 まったようです。
  今や不眠症は国民病で、日本人の1割以上がそうだということ
 です。眠れず昼も夜もぼんやりし続けるのは本当に辛いもの。
  ここでは恋の悩みが不眠の原因です。街や御殿で見かける美し
 いあの人だが、私の気持ちを知ってか知らずか、いっこうに優し
 くしてくれない。つれなく冷たいあの人、いったい私のこの想い
 はどうしたらいいのだろうか。
  閨に入ると沸き上がる想いは、現代でもそのまま共感できるこ
 とでしょう。1000年たっても、人間の感じる気持ちは変わらない
 のだなあ、とつくづく感じてしまいますね。
             ◆◇◆
  俊恵法師は、奈良・東大寺の僧侶でした。
  東大寺はもちろん奈良見物の中心で、大仏と世界最大の木造建
 築、大仏殿で有名です。その歴史は神亀5(728)年にまでさか
 のぼり、聖武天皇の皇太子、基(もとい)王の死後、彼を弔うた
 めに建てられた金鐘山寺(きんしょうせんじ)がもとでした。
 にまで遡ることができます。
  大仏の建立は、天平15(743)年に聖武天皇が「盧舎那大仏造
 顕の詔」を発したことが発端。
  天平17(745)年に建設がはじまり、7年後の天平勝宝4(75
 2)年に開眼がされました。その高さは約18mにもなります。
  奈良東大寺は修学旅行のコースにもよく選ばれていますが、
 大人になってから奈良を歩くと典雅な風情がより深く感じられ
 また違った趣があります。JR奈良線からバスが出ていますが、
 駅から歩いて古都の散策をしてみるのも良いでしょう。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ