ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年11月10日配信】[No.083]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  世の中よ 道こそなけれ 思ひ入(い)る
   山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

        皇太后宮大夫俊成(83番) 『千載集』雑・1148

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  いきなり12月初旬の冷え込みがやってきました。
  毎年異常気象が語られますが、今年は夏が終わるといきなり冬
 になってしまいました。
  先週まで半袖セーターの女性を見かけたりしたのですが、今週
 はコートにマフラーを着たご婦人も電車に乗っています。微妙な
 季節の変化が日本の叙情だったんですが、どうなってしまったの
 でしょう。
  山里では、冬が近くなると動物たちが冬ごもりの準備をはじめ
 ます。故郷では、冬の初めの寒い夜にキツネがギイッと鳴くのを
 老人たちが「雪おこしの声」と言っていました。
  田舎では、保護によってキツネや鹿が増えているという話です
 ので、今回の歌のように考え事をしていたら鹿の声が聞こえてき
 たなんてこともあるかもしれませんね。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  この世の中には、悲しみや辛さを逃れる方法などないものだ。
 思いつめたあまりに分け入ったこの山の中にさえ、哀しげに鳴く
 鹿の声が聞こえてくる。
 
■□■ ことば ■□■

 【世の中よ】
 「よ」は詠嘆の間投助詞です。「というものは、ああ…」という
 ようなイメージでしょうか。
 【道こそなけれ】
 「道」とは手段とか手だてといった意味です。「こそ」は強意の
 係助詞で「なけれ」は形容詞「なし」の已然形でこその結びとな
 ります。「(悲しみを逃れる)方法などないものだ」という意味。
 【思ひ入(い)る】
 「深く考えこむこと」ですが、「入る」は「山に入る=隠遁する」
 と重ね合わされ、「隠棲しようと思い詰め、山に入る」という意
 味になります。
 【山の奥にも】
 「山の奥」は、俗世間から離れた場所、という意味です。
 【鹿ぞ鳴くなる】
 牝鹿を慕う牡鹿が山の中で鳴いている風情は、哀れを誘い和歌で
 は人気があります。「ぞ」は強意の係助詞。「なる」は推定の助
 動詞「なる」の連体形で、「鹿が鳴いている」という意味です。

■□■ 作者 ■□■

  皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶとしなり。
                        1114〜1204)
 藤原俊成(ふじわらのとしなり)。権中納言藤原俊忠の子で、百
 人一首の撰者、定家のお父さんです。歌論書「古来風躰抄(こら
 いふうたいしょう)」を著し、余情幽玄の世界を歌の理想としま
 した。西行法師と並ぶ、平安末期最大の歌人です。正三位・皇太
 后宮大夫となり、63歳の時に病気になり出家、釈阿(しゃくあ)
 と名乗りました。

■□■ 鑑賞 ■□■

  この歌は、百人一首を選んだ藤原定家のお父さん、俊成の作品
 です。27歳の時に詠んだ「述懐百首」の中で鹿をテーマにしたも
 のだと書かれています。
  「道」というのは、世の中のつらさを逃れる道、方法というこ
 と。平安時代には世俗を離れてお坊さんになる、出家することで
 した。
             ◆◇◆
  昔の27歳というと立派な大人で、今で言うならちょうど中年に
 さしかかって、これからの人生をしっかり考えていこうとする時
 期に当たります。この歌が詠まれた当時は、西行法師をはじめ、
 俊成と同じ年頃の友人たちが次々と出家していました。
  俊成もそんな中でさまざまに悩み、悩んでもどこへ行こうと悩
 みはつきない、という内容のこの歌を詠んだのでしょう。
             ◆◇◆
  作者藤原俊成は、西行と並んで後鳥羽上皇に賞賛されたように、
 平安時代末を代表する歌人でした。その歌はやさしく、技巧に走
 らず自分の心の内を語っていく抒情的です。今で言うなら癒し系
 でしょうか。
  今の季節なら、次のような歌があります。
  伏見山松の影より見わたせば 明くる田のもに秋風ぞ吹く
             ◆◇◆
  俊成は京都市伏見区深草に住み、お墓も深草にあります。京阪
 電鉄鳥羽街道から東へ行った南明院の中にあります。伏見稲荷に
 お参りにいくついでに訪れてみられてはいかがでしょうか。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ