ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年7月10日配信】[No.066]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば
   ただ有明(ありあけ)の 月ぞ残れる

         後徳大寺左大臣(81番) 『千載集』夏・161

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  6月の日本を賑わせたワールドカップも終わり、長かった梅雨
 ももうすぐ明けようとしています。
  例年ですと梅雨明けは、関東から関西までほぼ7月20日頃だと
 いうことです。本州ではおおむねその前後1週間で本格的な夏の
 到来となります。
  
  夏の到来といえば「目に青葉 山ホトトギス 初ガツオ」(山
 口素堂)という句が有名ですね。時鳥(不如帰=ホトトギス)は
 5月中旬に日本に飛んできて夏を知らせてくれる鳥。
  百人一首には、季節で言うと秋の歌が多いのですが、夏のはじ
 まりを告げる歌ももちろんあります。
  今回はそんな歌をご紹介しましょう。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  ホトトギスが鳴いた方を眺めやれば、ホトトギスの姿は見えず、
 ただ明け方の月が淡く空に残っているばかりだった。
 
■□■ ことば ■□■

 【ほととぎす】
 初夏を代表する事物としてよく歌に採り上げられます。日本には夏
 に飛来するため、夏の訪れを知らせる鳥として平安時代には愛され
 初音(はつね=季節に初めて鳴く声)を聴くことがブームでした。
 【鳴きつる方】
 「つる」は完了の助動詞「つ」の連体形で、「鳴いた方角」という
 意味になります。「つ」は意識的にした動作、自分がしようと思っ
 てした動作を表す動詞に繋がり、「ぬ」は自然な無意識の動作を表
 す動詞に繋がる場合がほとんどです。
 【眺むれば】
 「見てみれば」という意味です。動詞「ながむ」の已然形に接続助
 詞「ば」がつき、順接の確定条件となります。
 【ただ有明の月ぞ残れる】
 「ただ」は残れるを修飾する副詞で、「有明けの月」は夜が明ける
 頃になっても空に残って輝いている月のことです。「る」は存続の
 助動詞「り」の連体形で、強意の係助詞「ぞ」の結びとなります。
 全体で「その方向にはただ夜明け前の月がぽっかり浮かんでいるだ
 けだった」という意味になります。

■□■ 作者 ■□■

  後徳大寺左大臣(ごとくだいじのさだいじん。1139〜1191)
  本名は藤原実定(ふじわらのさねただ)。大炊御門右大臣藤原公
 能(きんよし)の子供で、百人一首の撰者、藤原定家のいとこでし
 た。祖父も徳大寺左大臣と称されたので、区別するため後徳大寺左
 大臣と呼ばれます。詩歌管弦に優れ、平安時代末期の平氏が栄えた
 時代に大臣の職にありました。

■□■ 鑑賞 ■□■

  朝まだき、ホトトギスが「テッペンカケタカ」と鳴いた。鳴いた
 方をふっと見てみれば、ホトトギスはすでにそこにはおらず、ただ
 夜明け方の月が空に低く輝いているだけだった。
             ◆◇◆
 「暁聞郭公(ほととぎすをあかつきにきく)」という題で呼ばれた
 歌です。
  ホトトギスといえば3月から5月にかけて日本に渡ってくるので
 「夏を告げる鳥」として有名です。そのため「時鳥」などと呼ばれ
 て愛され、文学的にも格調の高い景物として扱われています。
  この歌のことを知るためには、平安時代の慣習について知ってお
 いた方がいいでしょう。
             ◆◇◆
  平安時代の雅を愛する貴族たちにとって、夏のはじまりに飛来す
 るホトトギスは、季節の訪れを象徴する鳥として、ウグイスのよう
 にとても詩的な魅力的なものに思えたようです。
  特にホトトギスの第一声(初音)を聴くのは非常に典雅なことと
 されました。そこで山の鳥の中で朝一番に鳴くといわれるホトトギ
 スの声をなんとか聴くために、夜を明かして待つこともよく行われ
 ていたのです。
  しかもホトトギスはとても動くのが速く、こちらと思えばまたあ
 ちら、というように移動するそうです。後徳大寺左大臣が「すわ、
 ホトトギスの初音だ」と振り返った瞬間、もうホトトギスはそこに
 はいない、という印象もこの歌には込められているのです。
             ◆◇◆
  この歌は、そういう背景を知らないとキツネにつままれたような
 印象を受けるかもしれません。ホトトギスが鳴いているから振り返
 ったら、そこには月が光っているだけなんて、いったい作者は何を
 言おうとしたんだろうか、と考え込んでしまいそうです。
  現代に通じる恋愛歌も多い百人一首ですが、中にはこういう平安
 時代ならではの背景を持つ歌があるのも一興です。
  ホトトギスの声を聴くためだけに徹夜する、なんてのどかな情景
 ですが、平安貴族のセンスに思いをはせるのもいいかもしれません。
             ◆◇◆
  作者には
  月見れば はるかに思ふ 更級(さらしな)の 
  山も心の うちにぞありける
 (月を見るとはるか遠く思い出すのは更級の姨捨山だ。そこの思い
 出も心のうちに残っている)
  という歌もあります。
  ここで登場する更級(さらしな)とは、長野県更埴市戸倉町更級。
 訪れる場合はJR篠ノ井線姨捨駅を下車します。ここは古来から有名
 な観月の里で、名月を見る「観月祭」も秋には行われます。松尾芭
 蕉などもここを訪れ、更級紀行はここから命名されました。
  特に斜面に拡がる棚田の水面に映る月の姿は「田毎(たごと)の
 月」と呼ばれて有名です。俳諧の聖地と呼ばれる長楽寺などもあり
 景色の美しいところですので、一度訪れてみるのもいかがでしょう
 か。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ