ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2000年12月30日配信】[No.011]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   淡路(あはぢ)島 かよふ千鳥の 鳴く声に
     いく夜寝覚めぬ 須磨の関守(せきもり)

         源兼昌(78番) 『金葉集』冬・270

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  寒い日が続きます。シューベルトの歌曲に「冬の旅人」という
 ものがありますが、こんな時期に荒涼とした海辺を歩く旅人は、
 何を想っているのでしょうか。
 
■□■ 現代語訳 ■□■
  (冬の夜)淡路島から渡ってくる千鳥の鳴き声に、幾夜目を覚
 まさせられたことだろうか、須磨の関守は。

■□■ ことば ■□■
 【淡路(あはぢ)島】
  兵庫県の西南部沖に位置する島です。
 【かよふ】
  「通ってくる」の意味です。他に「(淡路島へ)通う」や、
 「(淡路島と須磨の間を)行き来する」などの意味である、とい
 う説もあります。
 【千鳥】
  水辺に住む小型の鳥で、群をなして飛びます。歌の世界では、
 冬の浜辺を象徴する鳥で、妻や友人を慕って鳴くもの寂しいもの、
 とされていました。
 【いく夜寝覚めぬ】
  いく晩目を覚まさせられたことだろうか、の意味。「ぬ」は完了
 の助動詞の終止形です。本来は「いく夜」と疑問詞が入るので、
 「ぬる」が正しいのですが、語調の面から「ぬ」にしたと思われま
 す。
 【須磨の関守】
  須磨は、現在の兵庫県神戸市須磨区で、摂津国(現在の兵庫県)
 の歌枕。すでに源兼昌の頃にはなくなっていましたが、かつては関
 所が置かれていました。関守(せきもり)とは、関所の番人のこと
 です。
  
■□■ 作者 ■□■
  源兼昌(みなもとのかねまさ。生没年未詳。12世紀初頭の人)。
  宇多源氏の系統で、従五位下・皇后宮少進にまで昇った後、出家
 しました。多くの歌合せに出席して、「兼昌入道」などと称してい
 ます。
■□■ 鑑賞 ■□■
  摂津国須磨(現在の神戸市須磨)といえば、平安時代は流謫の地
 で、在原業平の兄、行平が流れ住んでいた場所です。その故実に基
 づいて創作されたのが、源氏物語の「須磨の巻」。老いた光源氏は
 退隠していたこの須磨で、
  友千鳥 もろ声に鳴く暁は ひとり寝覚の 床もたのもし
 という歌を詠みます。この歌は、それを踏まえた歌なのです。
              ◆◇◆
  荒涼とした須磨で、海向かいに見える淡路島から千鳥が渡ってく
 る。その寂しい鳴き声に、関守がつい眠りを妨げられ目覚めてしま
 い、真夜中に自分の孤独な境遇をひっそりと実感する。なんと寂寞
 とした歌なのでしょう。
              ◆◇◆
  ただし、兼昌は実際に須磨の地でこの歌を詠んだのではなく、歌
 合せの「関路ノ千鳥」という題から創作したものです。
  現在の須磨と淡路には、明石大橋が架かっており、車で島まで渡
 ることができます。須磨から西の明石までの海岸線は美しく、新幹
 線などの車窓から海を見ながらの旅も楽しいものです。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ