ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2003年1月15日配信】[No.096]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  うかりける 人を初瀬(はつせ)の 山おろしよ
   はげしかれとは 祈らぬものを

           源俊頼朝臣(74番) 『千載集』恋・707

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  賑やかなお正月も一段落つきました。会社員の方は、正月ボケ
 も抜けて仕事に熱が入る時期でもあるでしょう。
  1月の15日は「小正月」などと言います。松の内が落ち着いた
 今の時期、「どんど焼き」と言ってお正月に飾った注連飾りや門
 松などを焼いたりしますね。
  昔は庶民の間では、新年の祝いは15日に行っていました。その
 ため、元旦の正月に対して「小正月(こしょうがつ)」の名前が
 残っているのです。忙しいお正月が一段落した後、ほっとする時
 期だったのかもしれません。家事に忙しかった女性が休めるとい
 う意味で「女正月」とも言われました。
  明けて16日は、住み込みで働いていた丁稚さんなどが休みをも
 らって実家に帰れる「やぶ入り」です。昔は土日も働き、1年の
 うち数えるほどしか休みがなかったので、小僧さんたちは、さぞ
 この日が待ち遠しかったでしょう。古典落語にも、この日初めて
 帰宅する息子を待ちわびる夫婦の姿を描いた「藪入り」という噺
 があります。1月もいろいろ賑やかですね。
  
  さて、今回は待ちわびても振り向いてくれない相手を想う、激
 しい感情を描く一首をお届けしましょう。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  (私に冷淡で)つれないあの人が、私を想ってくれるようにと
 初瀬の観音様にお祈りをしたのに。まさか初瀬の山おろしよ、お
 前のように、「より激しく冷淡になれ」とは祈らなかったのに。
 
■□■ ことば ■□■

 【うかりける 人を】
 「うかり」は形容詞「憂し」の連用形に過去の助動詞「けり」の
 連体形がついたもの。「憂し」は「思い通りにならず、つらい」
 とか「つれない」という意味になります。「つれないあの人を」
 という意味です。
 【初瀬の山あらしよ】
 「初瀬」は現在の奈良県櫻井市にあり、平安時代にさかんだった
 観音信仰で有名な長谷寺があります。「山あらし」は山から吹き
 下ろしてくる激しい風で、山あらしを擬人化しています。
 【はげしかれとは】
 「はげしかれ」は形容詞「はげし」の命令形です。「もっと激し
 くなれ」と呼びかけた言い方です。
 【祈らぬものを】
 「ものを」は逆接の接続助詞です。「祈らなかったのに」という
 意味です。

■□■ 作者 ■□■

  源俊頼朝臣(みなもとのとしよりあそん。1055〜1129)
 百人一首の71番に選ばれている大納言経信(つねのぶ)の3男で
 す。雅楽の「ひちりき」を得意とし、堀河天皇の楽人となりまし
 たが、その後和歌の才能も認められ、白河天皇の命で「金葉集」
 の撰者となりました。和歌は非常に技巧的でしかも情感があり、
 藤原定家が絶賛しています。その作風は、後世までとても大きな
 影響を与えました。

■□■ 鑑賞 ■□■

  この歌は「千載集」の詞書によると、藤原定家の祖父、藤原俊
 忠(としただ)の屋敷で、「祈れども逢わざる恋」という題で詠
 んだ題詠の一首です。
  相手と恋仲になりたいと思っても、相手は冷たい態度で振り向
 いてくれません。そこで大和国にある初瀬の長谷寺に祈ったもの
 の相手はますます冷たくなるばかり。それゆえ「初瀬の山から吹
 き下ろす山おろしみたいに、より厳しくなれなどと祈らなかった
 のに!」と嘆くのが、この歌の趣旨です。
             ◆◇◆
  平安時代には、観音様が広く信じられていました。観音様は、
 危機になると救いの手をさしのべてくれるとされます。戦の前に
 武士が「南無観世音菩薩」と唱えるのも、観音信仰が広まってい
 たひとつの証左です。特に、大和国初瀬(現在の奈良県櫻井市)
 の長谷(はせ)寺は、京都の清水寺(きよみずでら)などと並ぶ
 霊験あらたかな名刹として参拝する人が絶えなかったようです。
             ◆◇◆
  歌は、初瀬の山から吹き下ろす嵐に呼びかける形をとり、報わ
 れない辛い恋心がたかぶるさまが巧みに表現されています。
  素直で純粋な恋心を描き、激しい感情の動きを「山あらしよ」
 と字余りで詠んで際だたせる。そんなところに、言葉を自由自在
 に操る作者の真骨頂が感じられます。
  作者・源俊頼は、情感あふれる歌をありとあらゆるテクニック
 で鮮やかに詠む和歌の天才で、現在でも多くのファンをもちます。
 この歌に興味を持ったら「金葉集」なども詠まれ、より多くの歌
 に触れてみるのもいいでしょう。
             ◆◇◆

  この歌の舞台になった奈良県櫻井市の長谷寺は、真言宗豊山派
 の総本山。十一面観音像が本尊で多くの参拝者を迎えています。
 別名「花のみてら」と呼ばれるほど四季折々の花が豊かで、吉野
 と並ぶ桜の名所でもあり、春には牡丹やあじさいが楽しめます。
 広いお寺で、冬の風景もまた魅力的ですので、参拝に行かれると
 よいでしょう。近鉄大阪線長谷寺駅で下車します。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ