ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年9月25日配信】[No.074]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は
   龍田(たつた)の川の 錦なりけり

         能因法師(69番) 『後拾遺集』秋・366

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  9月中旬になっても暑い夜があったりして、今年はなかなか涼
 しくなりませんでしたね。しかしようやく秋本番の風情になって
 きました。近所のスーパーでは、西瓜と入れ替わりにネットに入
 った栗が並びはじめています。

  アメリカのSF作家でしかも名文家として有名なレイ・ブラッ
 ドベリに「10月はたそがれの月」という短編集があります。昔な
 がらのロケットや火星が出てくるSFや怪奇なストーリーの中で
 語られるのは、感受性の強い少年期の出会いや夢といった懐かし
 くほろ苦いエピソード。一緒に砂遊びをしていた少女が湖で溺れ
 湖を離れる時に半分だけ砂の城を作ってお別れをした少年が、数
 十年後に再びそこを訪れるともう半分のお城が作られていて…、
 などという話は感傷的な秋にとてもふさわしいものでしょう。
  みなさんは、子供の頃の秋の思い出ってありますか?
  さて、今回は子供の頃に見たらきっと一生忘れないだろう、美
 しい紅葉の山の風景です。
  なお、本号より月6回の配信となります。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  山風が吹いている三室山(みむろやま)の紅葉(が吹き散らさ
 れて)で、竜田川の水面は錦のように絢爛たる美しさだ。
 
■□■ ことば ■□■

 【嵐吹く】
 「嵐」は山から吹き下ろす強い風のことを表します。
 【三室(みむろ)の山のもみぢ葉は】
 大和国(現在の奈良県生駒郡斑鳩町)にあった神奈備山(かむな
 びやま)のことで「三諸(みもろ)の山」とも言います。
  神奈備山は現在でも紅葉の名所です。
 【竜田の川の】
 大和国(現在の奈良県生駒郡)を流れる川で、三室山の東のふも
 とを通って大和川に合流します。
 【錦なりけり】
 「なり」は断定の助動詞「なり」の連用形、「けり」は詠嘆の助
 動詞「けり」の終止形で、美しさにはじめて気づいた感動を表し
 ます。錦は五色の色糸を使って絢爛豪華な模様を描き出した織物
 です。

■□■ 作者 ■□■

  能因法師(のういんほうし。988〜1050)
 肥後守橘元(もとやす)の息子で、俗名は橘永★(たちばなのな
 がやす。★はりっしんべんに豈)といいました。
  大学で詩歌を学び文章生となりましたが、26歳の時に出家しま
 す。最初の法名は「融因」でした。
  摂津国古曾部(こそべ。今の大阪府高槻市)で生まれ、そこで
 住んだので「古曾部入道」などとも呼ばれます。東北や中国地方、
 四国などの歌枕を旅した漂泊の歌人でもあります。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  秋の観光の目玉といえば、なんといっても紅葉狩り。
  シーズンはずばり10〜11月。これからいよいよ本番を迎えます。
  高山から徐々に色づきはじめ、ふもとに降りてくる頃にはアキ
 アカネが舞い、稲刈りが終わり、柿や栗、梨やブドウなど果物の
 収穫も最盛期を迎えていることでしょう。
  都会では街路樹のイチョウやポプラなどの落ち葉で歩道が黄色
 く染まりますが、山では紅葉が山や野を染め抜きます。
             ◆◇◆
  この歌は、そういう情景を錦という言葉を使って絢爛豪華に描
 いた一首です。ビジュアルな表現に優れる百人一首の中でも、ス
 トレートに美しい情景が表現されています。
  三室山という山と竜田川という川、どちらも有名な歌枕ですが
 山と川を両方とも歌に入れ、さらに錦に見立てたゴージャスさが
 魅力といえるでしょう。
             ◆◇◆
  もともとこの歌は、1049(永承4)年の11月に後冷泉天皇が開
 いた内裏歌合せの中で、藤原祐家の
 「散りまがふ 嵐の山のもみぢ葉は ふもとの里の秋にざりける」
 という歌と競って勝った歌です。
  「歌合せ」は貴族を東西2手に分け、主催者が1ヶ月ほど前に
 出した「お題」について1対1で歌を詠み合い、その優劣を判定
 者が決めて勝敗数を競う、というもの。
  実はこの「歌合せ」、歌だけの優劣ではなく、歌人の衣装とか
 焚く香などの演出、パフォーマンスも評価されました。しかも、
 出場者は必ずしも作者ではなく、大政治家が身分の低い歌人に代
 作させた、ということも多々あったようです。
             ◆◇◆
  ところでこの歌の作者・能因法師は文章生、今で言うなら国立
 大学で漢文学や歴史学といった学問を研究する学者でした。
  しかし何を思ったのか、26歳の若さで出家し、諸国をふらりと
 旅して歌を詠む漂泊の歌人となります。
  もちろん当時から旅の歌人として有名でしたが、
 「都をば 霞とともに立ちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」
 という歌は、実は白河の関まで旅したわけではなく、「旅に行く」
 と言って実家の庭で顔を日に焼き、いかにも長旅をしてきたよう
 な態度でお披露目したそうです。お茶目なエピソードですね。
             ◆◇◆
  この歌の舞台になった竜田川は、前々回の72号・在原業平の回
 でご紹介しました。JR王寺駅から、奈良交通バスに乗って竜田大
 橋で下車すると到着します。
  この他、関西近郊の紅葉の名所といえば、次のようなポイント
 があります。
 ■福井 九頭竜湖…福井駅からJR越美北線に乗り、九頭竜湖駅で
     で下車します。山に囲まれた美しい湖で、付近に温泉や
     スキー場もあります。
 ■石川 那谷寺……JR小松駅より那谷寺行きバスに乗り、那谷寺
     バス停で下車。白山が遠くに見えます。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ