ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2003年1月10日配信】[No.095]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  もろともに あはれと思へ 山桜(やまざくら)
   花より外(ほか)に 知る人もなし

           前大僧正行尊(66番) 『金葉集』雑・556

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  大学生の方などはまだお休みでしょうが、会社員の方はおそら
 く月曜日が仕事始めだったでしょう。また、中高生なら7日くら
 いから3学期の始業式を迎えられることだと思います。
  今年は4・5日が土日だったので、新年の休みをたっぷりとれ
 た人も多かったでしょう。おかげですっかり休みボケ、なんてこ
 とにならないよう、気を引き締めていきましょう。
  お店を営んでおられる方は、年末年始の商いはいかがだったで
 しょうか。不況とデフレでお客さんの財布の紐が堅くて困る、と
 嘆いている方も多いでしょう。今年こそ景気に活気を、と期待し
 たいものです。9日は宵えびす、10日は戎。商売繁盛を祈って、
 熊手や笹でも盛大に飾りつけましょうか。
 
  さて今回は、俗世間を離れ厳しい修行を積んだお坊さんが、修
 行中の寂しさを詠んだ一首です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  (私がお前を愛しく思うように)一緒に愛しいと思っておくれ、
 山桜よ。この山奥では桜の花の他に知り合いもおらず、ただ独り
 なのだから。
 
■□■ ことば ■□■

 【もろともに】
 「一緒に」という意味の副詞です。
 【あはれと思へ 山桜】
 「あはれ」は感動詞「あ」と「はれ」が組み合わさって生まれた
 言葉で、「愛しい」「いつくしい」という意味の感動を表します。
 山桜を人のように疑人化し、「一緒に愛しいと思っておくれ」と呼
 びかけています。
 【花より外(ほか)に】
 「花」は「山桜」のことです。「より」は限定を表す格助詞です。
 【知る人もなし】
 「知る人」とは知人のことではなく、「自分を理解してくれる人」
 のことを指します。

■□■ 作者 ■□■

  前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん。1054〜1135)
 敦明親王の孫で参議従二位源基平の息子です。10歳で父を亡くし
 12歳で出家、円城寺で密教を学んだ後に大峰や熊野などで厳しい
 修行を行いました。1107年に鳥羽天皇の即位とともに護持僧に選ば
 れ、その後歴代の天皇の病気を祈祷で治したりして、「験力無双」
 と誉めそやされています。その後は円城寺の大僧正となり、81歳
 で亡くなるまで歌人としても名声を得ました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  作者・行尊は、修験道の行者として熊野や大峰の山中で厳しい
 修行を積んだ人です。修験道の行者はいわゆる山伏。奈良時代に
 役小角(えんのおづの)が開いた仏教の一派です。
 山中で厳しい修行を積んで霊力を得、悪霊を退散させたり憑き物
 を祈祷で払って病気を治したりと、さまざまな霊験を露わにしま
 す。そうした能力を得るために、不眠不休で食事も取らずに山を
 駆けたり厳しい修行を長く行いました。
             ◆◇◆
  この歌は「金葉集」の詞書によると、大峰(現在の奈良県吉野
 郡の大峰山)で偶然山桜を見かけて詠んだ歌だそうです。
  厳しい修行の最中にふと目の前に現れた山桜。それは行尊にと
 ってどれほど心を慰めるものだったでしょうか。人っ子ひとり見
 えない山奥に咲く美しい桜は、作者にとって天からの賜り物のよ
 うに見えたかもしれません。
  つい、桜を人に見立て「一緒にしみじみ愛しいと感じておくれ
 よ、山桜。お前の他に私の心を分かってくれる者はここにはいな
 いのだから」と孤独をわかちあっています。
  清廉な印象のある歌ですが、それは毎日の厳しい修行に対する
 一服の清涼剤の役割を、山桜が果たしてくれたからでしょう。
             ◆◇◆
  この歌の舞台となった、大峰山は紀伊半島のほぼ中央に位置し、
 南北に約50キロ伸びる山脈です。最高峰は山上ヶ岳、かつて金峰
 山と呼ばれた標高1915メートルの高峰で、近畿で一番高い山です。
 古くから修験道の修行の場として有名で、行場の一部は現在でも
 女人禁制となっています。深田久弥の選んだ日本百名山にも選ば
 れており、山上には大峰山寺があります。本堂は5〜9月の間だ
 け開かれ、現在でも多数の修験者がここを訪れます。近鉄南大阪
 線下市口駅からバスに乗り、ふもとから登山を行いますが、本格
 的な山なので、観光で訪れる場合は付近の温泉場で楽しまれるの
 がお勧めです。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ