ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年6月30日配信】[No.065]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて
   傾(かたぶ)くまでの 月を見しかな

           赤染衛門(59番) 『後拾遺集』恋・680

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  明日から7月。
  梅雨はもうしばらく続きそうですが、海と入道雲、蝉の声とす
 だれや花火の夏がもうすぐはじまろうとしています。
  みなさんは今年の夏をどう過ごそうと思ってらっしゃいますか?
  
  夏といえば、最近はコンクリートの下地が増えて夜になっても
 熱が下がらない熱帯夜が多くなりましたが、昔は昼の暑気が過ぎ
 ると少しは涼しく、障子越しに虫の声を聴きながら寝入ったもの
 でした。
  夏の夜闇は夏至(6月21日)を過ぎるとゆっくりと長くなって
 いきます。虫の声を聴き、蚊取り線香に火をともし、月明かりを
 見上げながら過ごす夏の夜もおつなものですが、待てど暮らせど
 来もしない男を待つおんなの夜はいかばかりでしょう。
  今回はそんな一首です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  (こんなことなら)ぐずぐず起きていずに寝てしまったのに。
  (あなたを待っているうちにとうとう)夜が更けて、西に傾い
 て沈んでいこうとする月を見てしまいましたよ。
 
■□■ ことば ■□■

 【やすらはで】
 「やすらふ」は「ためらう」とか「ぐずぐずする」という意味に
 なります。
 【寝なましものを】
 「まし」は反実仮想(現実には起こらなかったことを、もし起こ
 ればと想像すること)の助動詞で、「ものを」は逆接の接続助詞
 です。ここでは「もしあなたが来ないことが分かっていたら」と
 反実仮想し、「寝てしまっただろうに」と言っています。
 【さ夜ふけて】
 「さ」は言葉の調子を整えるための接頭語で、全体で「夜は更け
 て」という意味になります。
 【傾(かたぶ)くまでの】
 「傾(かたぶ)く」は、月が西の山に傾くこと。月は夜の早いう
 ちに東から昇って夜明け前に西に沈んで行きますので、「夜明け
 が近づいた」という意味になります。「まで」は事柄が至り及ぶ
 限界を表す副助詞で、全体として「月が西に沈むまでの」という
 意味になります。
 【月を見しかな】
 「かな」は詠嘆の終助詞で「月を見たことですよ」という意味に
 なります。

■□■ 作者 ■□■

  赤染衛門(あかぞめえもん。958?〜1041?)
 和泉式部と並ぶ才媛と言われ、藤原道長の繁栄を描いた「栄花物
 語」正編の作者として有力視されています。
 赤染時用(ときもち)の娘と言われていますが、実の父は平兼盛
 (かねもり)とも言われます。衛門は父の官名からとられていま
 す。文章博士の大江匡衡(おおえのまさひら)と結婚し、2人の
 子供を産みました。曾孫は百人一首73番を作った大江匡房(まさ
 ふさ)です。藤原道長の妻・鷹司殿倫子(たかつかさどのりんし)
 と、その娘の中宮彰子(しょうし)に仕えました。
 夫の死後は尼僧となり、85歳以上まで生きました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  あらあら、まだ宵の時分に東から昇った月が、とうとう西の山
 に沈む頃になってしまいましたわ。もうすぐ夜明け前。
 あなたがおいでにならないことが最初から分かっていたら、やき
 もきせずにさっさと寝てしまいましたのに。あなたを待って、西
 山に傾いた月を見るはめになってしまいましたわ。
             ◆◇◆
  このメールマガジンではおなじみで、ご存じの方がほとんどだ
 と思いますが、平安時代の男女関係は、女性の家に男が夜牛車で
 訪れて一夜を過ごすという「通い婚」でした。
  一夫多妻制で、男が訪れるときに与える贈り物や金品で女性は
 暮らしていました。しかし男の興味が薄れてしまい、女性の家へ
 来なくなると結婚は自然消滅し、女性の暮らしも傾きます。
  そのため男が来る来ない、ということは、女性にとって恋以上
 の問題でもありました。
             ◆◇◆
  この一首は後拾遺集にあり、「中関白(藤原道隆=みちたか)、
 少将に侍りける時、はらからなる人に物言ひわたり侍りけり。頼
 めて来ざりけるつとめて、女に代わりて詠める」とあります。
  関白・藤原道隆公が少将だった頃、赤染衛門の姉妹に「今晩行
 くから」と言ったのにやって来なかった。その翌朝、姉妹に代わ
 って詠み送ったのがこの歌だ、ということです。
             ◆◇◆
  待つだけの女性の悲哀を表す歌とも読めますが、個人的には
 「やすらわはで 寝なましものを」というところに啖呵を切るよ
 うな、カラリとしてじめつかない歯切れの良さを感じてしまいま
 す。
  あーあ、どうして来てくれなかったの。もう寝ちゃおっと。
  かわいらしく拗ねてみせた、なんて読み方もできますね。
  こう読みとっていくと、作者の性格の剛さや明朗さ、姉妹に代
 筆したということで、しっかり者の姐さん肌かもしれないと思っ
 てしまうのですが、どうでしょうか。
  赤染衛門という人は、和泉式部と並び称されるほどの才女でし
 たが、道長に尻軽女(浮かれ女)とまで言われた恋多き式部とは
 対照的に良妻賢母タイプだったそうです。
  女性としても尊敬され、平安時代最大のライバル同士だった、
 紫式部、清少納言の両方と友達でした。
  歌からも、そんな感じがにじみでていますね。
             ◆◇◆
  赤染衛門の夫、大江匡衡も文章博士になるほどの秀才で、尾張
 権守に任じられていました。尾張は現在の愛知県南部、名古屋周
 辺となります。
  「尾張名古屋は城でもつ」などと言いますが、金のしゃちほこ
 で有名な天下の名城、名古屋城は5層からなる天守閣をもち、内
 部は城の歴史や江戸時代の町並みを再現した博物館になっていま
 す。加藤清正が築城し、江戸時代には尾張徳川家の居城となった
 名古屋城。近隣には尾張徳川家の家財道具を集めた「徳川美術館」
 もあります。
  名古屋城の入館時間は9時から16時30分まで。入館料は大人500
 円。交通手段は名古屋駅から市バスに乗り、名古屋城正門前で下
 車すれば到着します。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ