ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年6月20日配信】[No.064]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  あらざらむ この世の外の 思ひ出に
   今ひとたびの 逢ふこともがな

           和泉式部(56番) 『後拾遺集』恋・763

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  雨の多い日々が続いています。
  傘をささないと外出できないし、湿気が多いのはなかなか難儀
 なものです。サッカー・ワールドカップの激戦はまだ続いていま
 すが、外国選手がもっとも困っているのが、日本の蒸し暑さ。
  日本の梅雨は世界でもかなり独特な気候のようですね。

  けれどここしばらく夏かと思うような暑い日が続いたので、雨
 が降ったせいで気温が下がって過ごしやすくなったと歓迎してい
 る人も多いかも。暑気を含みやすいアスファルトや建物のコンク
 リートが夕刻雨に打たれ、温度を下げるのはありがたいものです。
  今回は、末期(まつご)を迎えた女性歌人の想いのたけを綴っ
 た一首をご紹介しましょう。緊張感漂う歌に、蒸し暑さもふっと
 ぶかもしれません。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  もうすぐ私は死んでしまうでしょう。あの世へ持っていく思い
 出として、今もう一度だけお会いしたいものです。
 
■□■ ことば ■□■

 【あらざらむ】
 「あら」は動詞「あり」の未然形で「生きている」という意味で
 す。「む」は推量の助動詞「む」の連体形で、全体で「生きてい
 ないであろう」という意味になります。
 【この世のほかの】
 「この世」とは「現世」という意味ですので、「この世の外」は
 現世の外の世界、つまり死後の世界ということになります。
 【思ひ出に】
 「来世での思い出になるように」という意味です。
 【今ひとたび】
 「もう一度」という意味です。
 【逢ふこともがな】
 「逢ふ」は、男女が逢い一夜を過ごすことで、「もがな」は願望
 の終助詞で「〜であったらなあ」と、実現が難しい希望を語りま
 す。

■□■ 作者 ■□■

  和泉式部(いずみのしきぶ。生没年未詳)
 1000年頃の人で、越前守大江雅致(おおえまさむね)の娘。最初
 の夫が和泉守・橘道貞(たちばなのみちさだ)だったので、和泉
 式部の名前で呼ばれるようになりました。このとき生んだ娘が、
 百人一首にも登場する小式部内侍です。
  平安時代の代表的歌人で、自分の恋愛遍歴を記した「和泉式部
 日記」は時代を代表する日記文学となっています。
  和泉式部は恋多き女性で、道貞と数年後破局した後、為尊(た
 めたか)親王、その弟・敦道(あつみち)親王と結ばれ、さらに
 2人の死後、一条天皇の中宮彰子に仕え、藤原保昌(やすまさ)
 とも結婚します。晩年は消息不明です。

■□■ 鑑賞 ■□■

  老いさらばえて私は死の床にあります。もうすぐ私は死ぬでし
 ょう。あの世へもっていく思い出に、もう一度だけあなたにお逢
 いして、愛していただけたらと思うばかりです。
             ◆◇◆
  後拾遺集の詞書には、「心地(ここち)例ならずはべりけるこ
 ろ、人のもとにつかはしける」とあります
  歌の通り、病気で死の床に就いている時に、心残りを歌に託し
 て男のもとに贈ったということです。
             ◆◇◆
  この歌には、実はさほどの技巧はこらされておらず、作者の心
 情をストレートに表現した歌といえます。
  それにしても「あらざらむ」ではじまるこの歌から感じられる
 女性の激情、強烈なインパクトはどうでしょうか。
  もう今や自分が死にかけている荒い息の下から、
 「あなたにもう一度逢いたいのです!」
 と叫んでいるのです。
  ひたむきさを越えた、狂おしいほどの情念が感じられますね。
  和泉式部には他にも
 黒髪の 乱れも知らずうち臥せば まづかきやりし 人ぞ恋しき
  などという歌があり、与謝野晶子のような激しさが感じられま
 す。今なら、中島みゆきなどに当たるかもしれませんが、非常に
 感性の鋭い女性だったようです。
             ◆◇◆
  和泉式部は、とにかく恋多き女性として有名で、平安日記文学
 の代表「和泉式部日記」も、複数の男性との恋愛の経緯を描いた
 ものです。
  作者プロフィールにも少し書きましたが、最初の夫・道貞と数
 年で破局した後、為尊(ためたか)親王と結ばれますが、親王が
 1年ほどで26歳の若さで病死。続いてその弟・敦道(あつみち)
 親王と結ばれます。しかし敦道親王も若くして病死、時の最高権
 力者・藤原道長からは「浮かれ女」と言われ、父親の雅致からは
 勘当。それにもめげず一条天皇の中宮彰子に仕え、藤原保昌(や
 すまさ)とも結婚します。
  果たして苦労が多かったのか、もって生まれた性か、とにかく
 それだけ次々と恋愛できるということは、式部が魅力的な女性だ
 ったからでしょう。
             ◆◇◆
  和泉式部は華のある女性だったからでしょうか、そのお墓も全
 国に10数カ所あるそうです。
  たとえば、兵庫県の伊丹市猪名野神社の近くにあるのもそのひ
 とつ。JR福知山線北伊丹駅で下車し、市バス6番の山本団地行き
 に乗り、辻村で下車すれば近くにあります。
  他にも、京都府木津町(JR奈良線木津駅下車)などにも墓があ
 ります。
  一般に和泉式部寺と呼ばれているのは、京都市の新京極にある
 「誠心院」です。ここは、娘の小式部内侍に先立たれた和泉式部
 に、藤原道長が1027年に建てて贈った庵が元とされています。
  境内には和泉式部塔などもあり、修学旅行の学生たちなどで賑
 わっています。行く場合は、阪急京都線四条川原町駅で下車し、
 徒歩で10分程度です。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ