ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年6月10日配信】[No.063]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  忘れじの 行く末(ゆくすゑ)までは 難(かた)ければ
   今日(けふ)を限りの 命ともがな

         儀同三司母(54番) 『新古今集』恋・1149

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  ついにうっとおしい梅雨に入ってしまいました。しばらくはじ
 めじめしたお天気が続きそうです。
  最近はエアコンや冷蔵庫がどこの家にもありますので、昔ほど
 カビなどの心配はないようですが、それでもこの時期、保存には
 極力気を付けたいものですね。
  今年は桜の開花が2週間も早かったので、梅雨入りも5月中に
 なったりして、なんて思ったこともありましたが、例年並みだっ
 たようです。夏の暑さも例年並みだとか。
  季節は帳尻合わせに入ったようです。

  さて、6月は結婚のシーズン。大きな期待と喜びあふれる花嫁
 さんがいっぱい誕生する月です。今回は、そんな花嫁の微妙な心
 を描いた素直な一首をお届けします。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
 「いつまでも忘れない」という言葉が、遠い将来まで変わらない
 というのは難しいでしょう。だから、その言葉を聞いた今日を限
 りに命が尽きてしまえばいいのに。
 
■□■ ことば ■□■

 【忘れじの】
 「忘れじ」は、「いつまでもあなたを忘れない(あなたへの愛は
 変わらない)」という男の言葉です。「じ」は打消しの意志の助
 動詞です。
 【行く末(ゆくすゑ)までは】
 「行く末」は「将来」という意味で、全体で「将来いつまでも変
 わらないことは」という意味になります。
 【難(かた)ければ】
 「難しいので」という意味です。形容詞「難し」の已然形「難け」
 に接続助詞「ば」がついて確定条件になります。
 【今日(けふ)を限りの】
 「今日」は、男が「いつまでも忘れない」と言ってくれたその日
 を指します。「今日を最後に(死ぬ命)」という意味になります。
 【命ともがな】
 「と」は結果を表す格助詞、「もがな」は願望を示す終助詞で、
 「命であればよいなあ」という意味になります。
 
■□■ 作者 ■□■

  儀同三司母(ぎどうさんしのはは。生年不祥〜996)
 従二位式部卿高階成忠(たかしななりただ)の娘で、名前を貴子
 (たかこ)と言い、高内侍(こうのないし)とも呼ばれました。
 中関白藤原道隆(なかのかんぱくふじわらのみちたか)の妻とな
 り、儀同三司伊周(これちか)や一条天皇の后・定子(ていし)
 を生みました。儀同三司は准大臣のことで、三司(太政大臣・左
 大臣・右大臣)と儀が同じという意味です。
 中関白とは、道隆の父・兼家(かねいえ)も弟の道兼(みちかね)
 も関白になったことによる呼び名です。
 夫の死後、出家しましたが、伊周が失脚したため、晩年は不遇で
 した。

■□■ 鑑賞 ■□■

  あなたはおっしゃった。
 「いつまでもあなたのことを忘れないよ」と。
 けれど将来のことなど分からない。きっとあなたはそのうち私へ
 の愛などなくしてしまい、私の許を訪れることもなくなるでしょう。
 そう思うと、幸せな言葉を聞いた今日の今ここで、命が終わって
 しまえばいいのにと思うのです。
             ◆◇◆
  新古今集に掲載された歌で、詞書には「中関白(藤原道隆)通ひ
 初め侍りけるころ」とあります。
  夫であった時の関白・道隆が夫として作者の家に通いはじめた頃
 に歌った歌です、という意味で、新婚ほやほやの妻が一番幸せな時
 期に読まれたもののようです。
  平安時代の貴族の夫婦生活は一夫多妻制で、結婚当初は男性が女
 性の家へ通ってくるのが慣習でした。これを「通い婚」といいます。
  2人は新婚ほやほやのアツアツですから、毎日のように夫が通っ
 てくるこの時期はさぞや幸せな日々だったでしょう。
  だから作者は幸せに心から喜び「今、このまま死んでしまいたい」
 と歌っているのです。ほほえましい幸せが匂ってくるような歌です
 ね。
             ◆◇◆
  ただ、通い婚は一種残酷な制度で、夫が妻に愛情を感じなくなる
 と家を訪れなくなり、そのまま離婚となります。家に通っている間
 は贈り物や生活費などが潤沢に妻の家に贈られるのですが、通わな
 くなるとそれも途絶え、妻の家はさびれて貧しくなっていきます。
  当時の女性は待つことしかできず、男が来なくなり子もなければ
 生活もできないかもしれない環境にありました。
  儀同三司母はそういう将来のことを、幸せの絶頂で感じたのかも
 しれません。将来に一抹の不安を感じながらも、それを知っている
 からこそ今の愛に命をかける。
  百人一首の愛の歌が典雅な中にも激しい情熱を秘めているのは、
 そういう当時の生活の姿があったからかもしれません。
             ◆◇◆
  それにしても、この歌は技巧を好んだ新古今集の中には珍しいほ
 ど技巧をこらさず、素直に自分の想いを描いた歌です。
  後世の歌人たちは、この歌を「くれぐれ優しき歌の体(ほんとう
 に優しい歌だ)」と評価しました。
  愛される幸福の中に、将来へのかすかな不安を感じとる。それが
 この歌のストレートなメッセージを深いものにしているようです。
             ◆◇◆
  この歌の作者・儀同三司母は清少納言らが仕え、女性文芸サロン
 として有名な中宮定子の母親です。さぞや華やかな幸せに包まれて
 いたでしょう。しかし夫の死後、息子の伊周が恋した女性の家に夜
 な夜な通う男を不審に思い、兄弟で待ち伏せして矢を射たところ、
 それは先の天皇・花山院でした。花山院は女性の妹のもとに通って
 いたのです。
  この事件は時の権力者・藤原道長によって謀反の嫌疑を掛けられ
 ます。この事件で一族は失脚し、彼女の晩年も不遇でした。栄華を
 極めた貴族の没落ですが、ある意味歌の不安は当たったのかもしれ
 ません。
             ◆◇◆
  さて、儀同三司母の息子・伊周が罪を問われて左遷されたのは、
 太宰府(現在の福岡県太宰府市)でした。
  太宰府はご存じの通り、学問の神様・菅原道真が流された土地で
 菅原公を祭った太宰府天満宮で有名です。電車で行かれる場合は、
 西鉄大牟田線の終点・太宰府駅で下車するとそのまま参道になりま
 す。
  太宰府というと、門から本殿に向かうまでの間にある心字池が有
 名ですが、6月は心字池と菖蒲池で40種約3万本の花菖蒲が花開き
 ます。小雨に打たれる菖蒲を鑑賞するのもおつかもしれませんね。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ