ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年8月20日配信】[No.034]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   明けぬれば 暮るるものとは 知りながら
    なほ恨めしき あさぼらけかな

        藤原道信朝臣(52番) 『後拾遺集』恋二・672

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  立秋が過ぎお盆も過ぎて、暑いとは言いながら秋の気配がそこ
 ここに感じられるようになってきました。だんだん日も短くなり
 夜の時間が長くなってきはじめる頃です。
  今回紹介する歌を作った平安時代の若者にとっては、いとしい
 のは恋人との逢瀬を重ねる夜。夜がもっと長ければいいのに、夜
 が明けてしまうのは恨めしい。と、ちょっと照れくさくなるよう
 な初々しい恋の歌をご紹介しましょう。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  夜が明けてしまうと、また日が暮れて夜になる(そして、あな
 たに逢える)とは分かっているのですが、それでもなお恨めしい
 夜明けです。
 
■□■ ことば ■□■
 【明けぬれば】
 「夜が明けてしまえば」の意味です。完了の助動詞「ぬ」の已然
 形に接続助詞「ば」がついて確定を表します。
 【暮るるものとは】
 「日は必ず暮れて(またあなたと逢える)」の意味です。
 【知りながら】
 「(心では)分かっているものの」という意味で、「ながら」は
 逆接の接続助詞です。
 【なほ】
 「そうは言うものやはり」の意味の副詞です。
 【朝ぼらけ】
 「明け方」「辺りがほのぼのと明るくなってきた頃」の意味です。
 恋歌ではおおむね、一緒に夜を過ごした男女が別れる、男が女の
 もとから立ち去る頃を暗示しています。
 
■□■ 作者 ■□■

  藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん。972〜994)
 法住寺太政大臣・藤原為光(ためみつ)の3男で、藤原兼家(か
 ねいえ)の養子となり従四位上・左近中将にまで昇進しました。
 大鏡には「いみじき和歌の上手」とあり、和歌の才能を嘱望され
 ていましたが、22歳の若さで夭折しました。
 父の為光の死後には「限りあれば今日ぬぎすてつ藤衣 はてなき
 ものは涙なりけり」と悲しみの深さを表す名歌を詠み、賞賛され
 ています。
 
■□■ 鑑賞 ■□■

  一見悲しみを詠んだ歌のように思えますが、よく読んでみると
 「ずっと一緒にいたいのに、夜明けが来れば帰らなくてはならな
 い。また日が暮れて夜が来て、再会できることは分かっているの
 だけれど、それでも恨めしいのは夜明けの光だ」
 というような歌であることがわかります。おのろけ、というと言
 い過ぎでしょうが、なんとも初々しい恋人との交歓の喜びを歌っ
 た一首なのですね。
             ◆◇◆
  詞書には「女のもとより雪降りはべる日帰りてつかわしける」
 とあり、逢瀬の後、朝に家へ戻ってから女性に送ったいわゆる
 「後朝(きぬぎぬ。男女が共寝をした翌朝)」の歌です。
  男が女の元に通うのが、平安時代の貴族たちには一般的な恋愛
 の形式で、その後には「後朝の歌」を贈るのが通例でした。
  この歌はストレートに読める代表的な名歌で、解説がなくても
 おおよその感情はつかめるだろうと思います。
  女性との逢いたさ、別れのせつなさを歌う一首ですが、同時に
 22歳の若さと愛の喜びを感じさせる、若い歌でもありますね。
             ◆◇◆
  この歌の作者の実父・為光の法住寺太政大臣の名は、989年に
 為光が夫人と娘の忻子(花山天皇皇后)の菩提を弔うために建て
 たお寺です。1032年には一度焼失しましたが、後白河法皇が1158
 年に法住寺の跡地を御所として定め、「法住寺殿」を建てて院政
 を敷いたことから有名になりました。
  現在は、東山の三十三間堂の隣にあり、身代不動尊で有名です。
  この近辺は三十三間堂の他、京都国立博物館や豊国神社、耳塚
 養源院など、京都屈指の観光スポットで行かれた方も多いと思い
 ます。法住寺の身代不動尊は、病気の平癒に霊験あらたかという
 ことですので、お願いに行くのもいいかもしれません。京都駅か
 ら市バスに乗り、「博物館・三十三間堂前」で下車してすぐです。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ