ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年2月20日配信】[No.052]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
   砕けてものを 思ふころかな

            源重之(48番) 『詞花集』恋上・211

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  2月も下旬となり、芽吹きの春はもうすぐそこです。
  でも、まだ寒い日々が続くようですね。
  
  さて女性陣。バレンタインの愛の告白は上手くいきましたか?
  今、恋人と一緒ならもう言うこともなしですが、玉砕してしま
 ったあなた、つれない相手の態度に「岩みたい」なんて思ってる
 んじゃないでしょうか。今回紹介する歌は、男が玉砕する歌です
 が、砕ける姿を限りなく鮮烈に描いた一首です。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
 風が激しくて、岩に打ち当たる波が(岩はびくともしないのに)
 自分だけ砕け散るように、(相手は平気なのに)私だけが心も砕
 けんばかりに物事を思い悩んでいるこの頃だなあ。
 
■□■ ことば ■□■

 【風をいたみ】
 「いたし」は「はなはだしい」という意味の形容詞です。
 「…(を)+形容詞の語幹+み」で「…が〜なので」というよう
 に原因・理由を表す語法となり、ここでは「風が激しいので」と
 いう意味になります。
 【岩うつ波の】
 「岩に打ち当たる波の」という意味で、ここまでが序詞です。
 【おのれのみ】
 「のみ」は限定の副助詞で、「自分だけ」という意味です。
 【砕けて】
 「くだけ」は下二段活用の自動詞「くだく」の連用形で、微動だ
 にしない岩にぶつかって砕ける波と、振り向いてくれない女性に
 対して思いを砕く自分、という意味を重ねています。
 【ものを思ふころかな】
 「物事を思い悩んでいるこの頃だなあ」という意味になります。

■□■ 作者 ■□■

 源重之(みなもとのしげゆき。生年不祥〜1003年頃)
  清和天皇の曾孫(ひまご)で三十六歌仙の独りです。冷泉天皇
 の時代に活躍し、天皇の東宮時代に帯刀先生(たちはきのせんじ
 ょう)、即位後は右近将監から相模権守(さがみのごんのかみ)
 に出世しました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  風がとても激しくて、海に顔を出した岩に波がぶち当たって砕
 けている。岩は何も動じないのに、波は何度も岩に当たり、そし
 て粉々に散っていく。ちょうど、振り向いてくれない彼女に想い
 を寄せて心砕ける私のようだなあ。
             ◆◇◆
  波と岩に託しておのれの激情を語る鮮烈なイメージの一首です。
 普通砕けてしまうのは、女性の心と思いがちですが、ここで千々
 に思い悩むのは男性の方でした。
  実は「砕けてものを思ふころかな」は、平安時代の歌によく使
 われる恋の悩みの表現です。ある種ありきたり、とも言えるので
 すが、そこに序詞で嵐の海の情景を詠み込んだことで、陳腐な恋
 の言葉が劇的な名歌に姿を変えてしまいました。
  この辺りが、名手と言われる詠み手の凄さでしょうか。
  さかまく波に寄せて激しい情念を歌い込んだ印象の強い一首。
  ぜひあなたもその情景を心に思い描いてみてください。
             ◆◇◆
  この男性的な歌の作者、源重之は国司として筑前や肥後など地
 方を廻り、最後に陸奥(今の東北地方)で没した人です。
  さて肥後国といえば、現在の熊本県。熊本といえば阿蘇山など
 の壮大な自然が魅力の観光地ですが、県庁所在地の熊本市には、
 加藤清正が茶臼山に築いた名城、熊本城がそびえています。
  熊本城といえば、板塀の黒としっくい壁の白のコントラストが
 非常に美しい名勝。訪れる場合は、JR熊本駅より市電に乗り、熊
 本城前にて下車します。
  付近には水前寺公園や熊本博物館など、古都らしい観光スポッ
 トも多数。阿蘇山へ修学旅行へ行った人も、もう一度訪れてみて
 はいかがでしょうか。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ