ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年4月20日配信】[No.022]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   逢ひ見ての のちの心に くらぶれば
    昔はものを 思はざりけり

        権中納言敦忠(43番) 『拾遺集』恋二・710

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ゴールデンウィークが近づいてきました。あなたはどこかへ
 出かけるのでしょうか? 遊びに出るとしたら誰と出かけます
 か。恋人と? 春は恋の季節、たとえ独りであっても、行く先
 のあちこちで偶然の出会いというものはあるものです。今回は
 はじめて想いを遂げることができて、いっそうつのる恋心の歌
 をご紹介しましょう。
 
■□■ 現代語訳 ■□■
  恋しい人とついに逢瀬を遂げてみた後の恋しい気持ちに比べた
 ら、昔の想いなど、無いに等しいほどのものだったのだなあ。
 
■□■ ことば ■□■
 【逢ひ見ての】
 「逢ふ」も「見る」も、男女が逢瀬を遂げたり、契りを結ぶ意味
 で使われる動詞です。
 【のちの心】
 逢瀬を遂げた後の気持ちです。今現在の心のことですね。
 【くらぶれば】
 「比べると」の意味で、動詞「くらぶ」の已然形に接続助詞「ば」
 がついたもの。確定の条件を表します。
 【昔】
 「のち」に対応する言葉で、逢瀬を遂げる前のことを表します。
 【ものを思はざりけり】
 「ものを思ふ」は恋のもの想いをする意味です。「ざり」は打消
 の助動詞の連用形で、「けり」は詠嘆の助動詞で、逢瀬を遂げる
 前の恋心なんて軽いものだということに、今はじめて気付いたと
 いう感動を表しています。

■□■ 作者 ■□■
  権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ。
         =藤原敦忠 ふじわらのあつただ。906〜943)
  左大臣時平の3男で、母は在原業平の孫です。参議などを経て
 権中納言となりましたが、琵琶の名手でしたので権中納言と呼ば
 れました。恋多き人で、大和物語などからも彼の生き方を知るこ
 とができます。

■□■ 鑑賞 ■□■

  恋愛とは罪なもので、出会った時には両想いになりたいと思っ
 て心が動くのに、ついに心が通って逢瀬を遂げ、一夜を共にして
 みればまた激しく愛情がつのる。彼女の一挙一動が気になる。
  こんなことならいっそ逢わなければ良かったのに。こんな感情
 に比べたら、逢瀬を遂げたいと思っていた以前なんて、何も考え
 ていなかったのと同じだ。
             ◆◇◆
  激しい思慕の情を歌った歌です。しかも、何か現代人の心を揺
 り動かす、共感を感じたくなる歌ですね。時代は1000年違っても
 昔も今も男女の感情は同じもの。一途な激情を感じさせる名歌が
 多いのも、百人一首が皆に好まれる一因かもしれません。

  この歌の作者、権中納言敦忠は、プレイボーイというより恋多
 きロマンチスト、といった感じの人です。京都・西四条の女性で、
 やがて神宮の斎宮(いつきのみや)となり神域へ入って出会えな
 くなる人に恋もしています。逢えなくなるその日、敦忠はこんな
 歌を榊の枝に結び付けて女性に贈りました。

 伊勢の海の 千尋の浜に拾ふとも 今は何てふ かひがあるべき

 伊勢の広い浜辺で探して見ても、あえなくなった今は、何の貝
 (甲斐)も見つからない。むなしいだけだ。
             ◆◇◆
  さて、現在の三重県南西にある伊勢市は伊勢神宮があることで
 古くから有名です。JR宇治山田駅もしくは近鉄・伊勢市で下車す
 れば、まず外宮があり、さらに御木本道路を南東に進めば内宮に
 到着します。
 5月5日には、倭姫宮春の例大祭や子供の日のお神楽奉納なども
 ありますので、一度参拝に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ