ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年10月30日配信】[No.041]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   忘らるる 身をば思はず 誓ひてし
    人の命の 惜しくもあるかな

            右近(38番) 『拾遺集』恋四・870

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ほれたはれたは男女の仲。恋に別れはつきもので、いつもたく
 さんの男女が相手の冷たさに泣かされていることでしょう。
  しかし、めそめそ泣いているだけが能ではありません。泣きた
 い気持ちを抑えて、皮肉や嫌みのひとつも言ってやるのも心の強
 さです。そうして笑い飛ばすのも、失恋の痛みを忘れる良い方法
 かもしれません。
  今回は、平安時代の女性のそんな強い一面をお目にかけましょ
 う。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  忘れ去られる私の身は何とも思わない。けれど、いつまでも愛
 すると神に誓ったあの人が、(神罰が下って)命を落とすことに
 なるのが惜しまれてならないのです。
 
■□■ ことば ■□■

 【忘らるる】
 「忘(わす)る」は下二段活用の動詞ですが、ここでは古い形で
 ある四段活用で扱っています。「るる」は受け身の助動詞の連体
 形で、「忘れ去られる」という意味です。
 【身をば思はず】
 「身」は自分自身のことで、「を」は格助詞、「ば」は強意の係
 助詞「は」です。「を」に続く時には濁って「ば」となります。
 「ず」は打消しの助動詞の終止形。ここで一文が終わります。
 全体で「自分自身のことは何とも思わない」という意味。
 【誓ひてし】
 「て」は完了の助動詞「つ」の連用形で、「し」は過去の助動詞
 「き」の連体形です。以前、いつまでも君のことは忘れない、と
 神に誓った、という意味です。
 【人の命の】
 「人」は自分を捨てた相手のこと。上の句の「身」と対比的に使
 われています。
 【惜しくもあるかな】
 「惜し」は(男が神罰を受けて命を落とすので)失うにしのびな
 いという気持ちを表します。
 
■□■ 作者 ■□■

  右近(うこん。生没年不明)
 右近少将藤原季縄(すえなわ)の娘。10世紀前半の人で、醍醐天
 皇の中宮穏子(おんし)に仕えた女房です。「右近」はその女房
 名です。天徳4(960)年の内裏歌合などに出て活躍し、歌才を謳
 われました。恋も華やかで、「大和物語」には、藤原敦忠(あつ
 ただ)・師輔(もろすけ)・朝忠(あさただ)、源順(みなもと
 のしたごう)などとの恋愛が描かれています。
 
■□■ 鑑賞 ■□■

  「大和物語」の第84段には、
 「おなじ女(右近)、男の忘れじと、よろづのことをかけて誓ひ
 けれど、忘れにけるのちに、言ひやりける」
 (男が「君のことは忘れない」とさまざまな誓いを立てたのに、
 女のことを忘れてしまった。その後に言い送った)
  とあり、次にこの歌が掲載されています。
  歌を送った相手は、藤原敦忠と推測されますが、「返しは、え
 聞かず」と記されています。
             ◆◇◆
  この歌は読みようによっては、いろいろな情念を感じさせる歌
 です。
  あなたに忘れられる自分の身はどうなってもいいんです。でも
 神に誓った「君を忘れない」のひとことを破ったあなたの命がど
 うなるか、それが心配なのですよ。
  歌はこのような意味です。この「私のことはどうでもいいので
 すよ。しかし…」と自分を捨てる言い方をしながら、なおも「あ
 なたのことが心配で」というところに強い執着心を読みとると、
 ちょっと陰にこもった情念が感じられますね。
  一方、これを一種の皮肉ととって、「あたしのことはどうでも
 いいの! でも「絶対忘れない」って神にまで誓ったあなたが神
 罰で死んでしまうのがとっても残念だわ!」なんていう風に読み
 とると、ちょっとイキのいい啖呵にも聞こえてきます。以前は前
 者のようななよなよした情念を感じさせる解釈が主体でしたが、
 今風の女性なら後者の方が気持ちがいいでしょう。
  現代の女性は強くなくては。たとえ男に振られても、それを吹
 き飛ばすくらいの元気があってこそ魅力的といえるでしょう。
             ◆◇◆
  ただ、右近という人は前者の情念の人であったようで「貞女」
 という評判もありますが、男との関係はなかなか長続きしなかっ
 たようです。少しじめつきすぎたところがあったのかもしれませ
 んね。
  右近の歌には、やはり来ない男を待つものがあります。
  とふことを待つに月日はこゆるぎの磯にや出でて今はうらみん
  
  この「こゆるぎの磯」というのは、現在の神奈川県大磯の浜の
 あたり。大磯は、富士山を望む浜辺で、江戸時代に東海道五十三
 次の宿場町として栄え、その後日本最初の海水浴場が開設されて
 日本有数のリゾート地となっています。
  大型プールのある「大磯ロングビーチ」などの施設やホテルな
 ども多いリゾート地。一度遊びに行くのもいいでしょう。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ