ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年5月20日配信】[No.025]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   誰(たれ)をかも しる人にせむ 高砂の
    松もむかしの 友ならなくに

          藤原興風(34番) 『古今集』雑上・909

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  若い人の引きこもり、などが問題になっていますが、最近はイ
 ンターネットなどでのメールのやりとりやBBSでの会話が一般化
 してしまって、直接会って話をするコミュニケーションがどこで
 も不足しているようです。若いころはそれで満足できても年をと
 ってから大切なのは気の置けない友人かもしれません。
  しかし、年老いてくるとそうした友人たちもだんだん死別して
 少なくなってきます。この歌はそうした老いの孤独を詠んだ一首
 です。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  誰をいったい、親しい友人としようか。(長寿で有名な)高砂
 の松も、昔からの友人ではないのに。
 
■□■ ことば ■□■
 【誰をかも】
 次の「せむ」に掛かる連用修飾語で「誰をまあ、いったい……だ
 ろうか」というような意味です。「か」は疑問の係助詞で「も」
 は感情を込めて意味を強める係助詞です。
 【しる人にせむ】
 「親しい友達としよう」という意味です。「しる人」は自分をよ
 く分かってくれる人のことです。「に」は動作の結果を表す格助
 詞で、「む」は意思を表す助動詞です。
 【高砂の松】
  高砂は播磨国加古郡高砂(現在の兵庫県高砂市南部)の浜辺で
 松の名所です。
 【むかしのともならなくに】
 「昔からの友達ではないのに」という意味です。松は感情を持た
 ない植物だから、昔からの友人ではないというような意味を含ん
 でいます。「なら」は断定の助動詞「なり」の未然形で「〜であ
 る」の意味、「な」は打消の助動詞「ず」の未然形で、「く」は
 「な」を体言化して、「なく」で「…ないこと」という意味にな
 ります。「に」は接続助詞で「…のに」の意味です。

■□■ 作者 ■□■
  藤原興風(ふじわらのおきかぜ。9〜10世紀の人)
 藤原道成の子供で「古今集」選者の紀貫之らと同時代の人です。
 下総権大掾(しもうさのごんだいじょう)になり、従五位下の位
 を授けられました。三十六歌仙の一人で、勅撰和歌集に38首入集
 している他、家集として「興風集」があります。管絃にも優れた
 能力を持っていました。

■□■ 鑑賞 ■□■

  超高齢化社会と言われてもう久しくなります。いろいろと便利に
 なった今でさえ老いてからの一人暮らしは寂しいというのに、昔は
 さぞや孤独感がつのったことでしょう。
  長生きは理想と言えますが、年老いるにつれて長年の友人が一人
 また一人といなくなっていき、ついには一人残されてしまった老い
 の悲しみを詠んだ歌です。
             ◆◇◆
  もう心を許せる友達は誰もいなくなってしまった。いったい誰を
 友達と呼べばいいんだろうか、長寿だが心を持たない高砂の浜辺の
 松に心を寄せてみても、しょせんはむなしいことなのに。
  ここには一緒に語る人もなくよるべないやるせなさ、寂しさが強
 く感じられます。高砂の浜辺に広がる松と浜風の潮の匂いのイメー
 ジが、いっそう寂寥感をつのらせます。
  作者が孤独のあまりいつも悲嘆にくれていた、というわけではな
 いでしょうが、老境を迎えて淡々と日常を送るうち、親しい友人の
 訃報にでも接したのでしょうか。
             ◆◇◆
  現在の高砂市へは、JR・新幹線姫路駅から山陽電鉄に乗り換え、
 高砂駅で下車すれば到着します。白い砂浜と青松が美しい高砂海浜
 公園をはじめ、石の宝殿のある「生石神社」、7世紀に建立された
 「荒井神社」、重文指定の仏画がある「十輪寺」など、古くからの
 名所だけあって観光スポットが数多くあります。
  中でも「高砂神社」には、建立当時から生え始めたといわれる、
 「相生(あいおい)の松」があることで有名です。この松は根がひ
 とつで幹が2つに分かれていることから、夫婦の情を示す霊松とし
 て神木として崇められています。
  見所の多い都市ですので、ぜひ一度訪れてみたい場所です。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ