ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年4月10日配信】[No.021]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心(しづごころ)なく 花の散るらむ

            紀友則(33番) 『古今集』春下・84

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  今年は4月に入ったというのに雪が降ったりして寒かったです
 ね。寒波のせいか、今年の桜は1週間ほど開花が早かったようで
 す。もう花見には行かれましたか? 
  さすがにこの頃は、春らしい暖かい風が吹くようになってきま
 した。桜も終わりのようで、風に吹かれて花びらが舞い散ってい
 ます。そんな光景を描いた一首をご紹介しましょう。
 
■□■ 現代語訳 ■□■
  こんなに日の光がのどかに射している春の日に、なぜ桜の花は
 落ち着かなげに散っているのだろうか。
 
■□■ ことば ■□■
 【ひさかたの】
 日・月・空などにかかる枕詞です。ここでは「(日の)光」にか
 かっています。
 【光のどけき】
 「日の光が穏やか」という意味です。「のどけし」には、のんび
 りとしているな、などというほどの意味もあります。
 【静心なく】
 「静心(しづごころ)」は「落ち着いた心」という意味です。
 「落ち着いた心がなく」という意味で、散る桜の花を人間のよう
 に見立てる擬人法を使っています。
 【花の】
 花はもちろん桜のことです。
 【散るらむ】
 「らむ」は目に見えるところでの推量の助動詞で、「どうして〜
 だろう」という意味です。どうして、心静めずに桜は散っている
 のだろうか、というような意味になります。

■□■ 作者 ■□■
  紀友則(きのとものり。?〜905)
  「土佐日記」の作者で百人一首にも歌がある紀貫之(きのつら
 ゆき)のいとこ。宮内権少輔有友(ごんのしょうありとも)の息
 子。40歳くらいまで無官だったが、その後土佐掾、大内記に昇進
 しました。古今集の選者で、三十六歌仙の一人。

■□■ 鑑賞 ■□■

  柔らかな春の日差しの中を、桜の花びらが散っていく。こんな
 にのどかな春の一日なのに、花びらはどうしてこんなにあわただ
 しく散っていくのか、静める心はないのか、という歌です。とて
 も日本的で美しい光景。そんな桜の美しさが匂うような歌といえ
 るでしょう。
  情景が目に浮かぶ、非常に視覚的で華やかな歌でありながら、
 同時に散り行く桜の哀愁もどことなく感じられます。
  紀友則は古今集の撰者でしたが、この歌は、古今集の中でも特
 に名歌とされていました。
             ◆◇◆
  さて、今年は早い桜のシーズンですが、京都の桜の名所といえ
 ば、左京区にある「哲学の道」でしょうか。約2kmの道沿いに、
 ずっとソメイヨシノの並木が続いています。
  散歩がてらの花見としゃれこんで、恋人や奥さん・ご主人と一
 緒に出かけてみるのもいいかも。京都駅から市営バスに乗り、銀
 閣寺道バス停で降りればすぐです。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ