ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2000年9月15日配信】[No.002]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば
     今ひとたびの みゆき待たなむ

 貞信公(26番) 『拾遺集』雑集・1128

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  第2回目は、紅葉の秋にふさわしく、弊庵「小倉山荘」にもな
 じみ深い嵯峨の小倉山を歌った貞信公の歌のご紹介です。

■□■ 現代語訳 ■□■
小倉山の峰の紅葉よ。お前に人間の情がわかる心があるなら、
 もう一度天皇がおいでになる(行幸される)まで、散らずに待っ
 ていてくれないか。

■□■ ことば ■□■
  【小倉山】
京都市の北西にある、右京区嵯峨にある紅葉の美しい名所です。
  大堰川を挟んで嵐山と向かい合う山で、ふもとに定家の別荘、
  「小倉山荘」がありました。
【心あらば】
人間の心があるならば、人の情が分かるならば、の意味。紅葉
  に呼びかけることで、紅葉を人になぞらえる、いわゆる「擬人
  法」をとっています。
  【今ひとたびの】
  せめてもう一度だけ。切実な感情が表れた表現ですね。
  【行幸(みゆき)】
天皇が訪れられることです。「みゆき」には他に「御幸」の表
  記もありますが、こちらは上皇、法皇、女院のおでましの意味
  となります。
【待たなむ】
「なむ」は願望を表す終助詞で、「待っていてくれないか」の
  意味です。

■□■ 作者 ■□■
  貞信公(ていしんこう=藤原忠平(ただひら)。880〜949年)。
  関白太政大臣、藤原基経(もとつね)の四男で、兄・時平、仲
  平とともに「三平」と呼ばれます。聡明で人柄が良く、従一位
  関白の座まで栄達し、藤原氏が栄える基礎を作りました。貞信
  公は、死んでからの送り名です。

■□■ 鑑賞 ■□■
  「あまりに美しい小倉山の紅葉よ。もし人の心が分かるなら、
 もう一度天皇がおいでになるまで、その美しさを失わないでおく
 れ」。あまりの紅葉の美しさに感動して、口をついた言葉のよう
 でもありますね。
  この歌は、「拾遺集」の詞書(ことばがき・短歌の紹介文)に、
 亭子院(時の宇多上皇)が大堰川に遊ばれた時、見事な小倉山の
 紅葉に感動して、「我が子、醍醐(だいご)天皇にもこの紅葉を
 ぜひ見せたいものだ」と言ったのを、貞信公が醍醐天皇に伝えた
 くて作ったもの、と書かれています。
             ◆◇◆
  貞信公は、藤原氏が栄える基を作った大人物。天皇にも当然影
 響力を持つ政治家でした。ここでは、紅葉を人になぞらえて歌っ
 ていますが、逆に見ると「天皇陛下、紅葉は今が盛りです。美し
 い今のうちに、行幸されればいかがでしょうか」と、暗に天皇陛
 下に紅葉見物を勧めている歌なのです。しかし、百人一首に残る
 ような名歌で天皇を動かすなど、古の政治家は雅を解する心にあ
 ふれていたのでしょうか。
             ◆◇◆
  「大和物語」によると、ちょうどこの歌ができた頃から、大堰
 川への天皇の行幸が毎年執り行われることになったそうです。
  「小倉山」は、大堰川(保津川)を挟んで嵐山の北に位置する
 標高280mの低い山です。京福電鉄北野線・嵐山駅で下車し、北東
 に歩くと、こんもり丸い小倉山が典雅なたたずまいを見せてくれ
 ます。この辺りは、すでに平安時代から貴族のレジャーの場所と
 して人気がありました。
  秋に山道を歩けば、重なりあう紅葉の美しさが際立ち、平安時
 代の昔に戻ったかのような気分にしてくれます。また、藤原定家
 の「小倉百人一首」が屏風に書かれていたという、「小倉山荘」
 はこの山の東のふもと、二尊院の近くにあったとされています。
  弊庵「小倉山荘」は、遠くに赤く色づく小倉山を望む長岡京か
 ら、銘菓をお届けしているのです。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ