ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年9月30日配信】[No.038]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ
    わが身一つの 秋にはあらねど

          大江千里(23番) 『古今集』秋上・193

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  「哀愁」「旅愁」などに使われる「愁(しゅう)」の文字は、
 「秋の心」と書きますよね。「もの悲しい」というような意味で
 すが、平安の昔から秋は思索にふける季節であり、悲哀の時季で
 あることが感覚としてとらえられてきました。
  確かに、夏から急激に温度が下がったり長雨が続いたりすると
 気分がすぐれない人も多いでしょう。平安の歌人がそうだという
 わけではありませんが、鋭敏な感覚をもつ歌人のこと、秋の哀愁
 と季節の変化は人一倍感じられるのでしょう。
  今回はそういう歌をご紹介します。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  月を見ると、あれこれきりもなく物事が悲しく思われる。私一
 人だけに訪れた秋ではないのだけれど。
 
■□■ ことば ■□■

 【月みれば】
 「月を見ると」という意味。「みれば」は確定条件を表します。
 【ちぢにものこそ悲しけれ】
 「ちぢ(千々)に」は「さまざまに」だとか「際限なく」という
 意味で、下の句の「一つ」と対をなす言葉です。「もの」は「自
 分をとりまくさまざまな物事」ということです。「悲しけれ」は
 係助詞「こそ」を結ぶ形容詞の已然形です。
 【わが身一つの】
 「私一人だけの」という意味で、本来なら「一人の」ですが、上
 の句の「千々に」と照応させるために、「ひとつ」になっていま
 す。
 【秋にはあらねど】
 秋ではないけれども、という意味。上の句と下の句で倒置法が使
 われています。「ね」は打消の助動詞「ず」の已然形で、「ど」
 は逆接の接続助詞です。
 
■□■ 作者 ■□■

  大江千里(おおえのちさと。生没年不明)
 9〜10世紀初頭にかけて生きた人だと言われ、大江音人(おとん
 ど)の子で在原業平、行平の甥になります。家集に「句題和歌」
 があります。中務少丞(なかつかさしょうじょう)や兵部大丞
 (ひょうぶだいじょう)などを歴任し、伊予国(現在の愛媛県)
 の権守(ごんのかみ)となったり、罪によって蟄居させられたこ
 ともあったそうです。
 
■□■ 鑑賞 ■□■

  秋になるとだんだん気温が低くなり、日の当たる時間も短くな
 ってきます。このような季節は、みんなで騒ぐというより一人静
 かに読書をしたり思索に耽ったりするのに最適。気候がいいので
 頭も冴えてきますが、その反面、人によっては体調を崩したり、
 陰鬱になりすぎたりってこともあるようです。
  「秋は悲しみの季節」という思いは、上田敏訳のヴェルレーヌ
 の「秋の歌」が有名です。
  秋の日の ヴィオロンの ためいきの
  みにしみて ひたぶるに うらがなし
  日本では平安時代に、「秋は悲しい」という感覚が一般化した
 ようで、この歌はその代表的なものといえるでしょう。
             ◆◇◆
  秋の名月を見ていると、いろいろな想いが去来して心がさまざ
 まに揺れ、悲しみがあふれてくる。秋が私一人だけに訪れたわけ
 ではないのだけれど。
             ◆◇◆
  「千々に乱れる」という言葉は現在でも使いますが、たくさん
 の数を表す「千」と「我が身一つの」の「一」を照応させた和歌
 です。前回の文屋康秀の「むべ山風を」の歌と同じく是貞親王の
 歌合の時に歌われたものですので、技法的な面白さを狙ったもの
 でもあります。
  さらにこの歌は、白楽天の「燕子楼(えんしろう)」という詩
 燕子楼中霜月夜 秋来只為一人長
 (えんしろうちゅうそうげつのよる、あききたってただひとりの
 ためにながし=燕子楼で長年一人暮らしていた、死亡した国司の
 愛妓が、月の美しい秋寒の夜「残されたわたし一人のため、こう
 も秋の夜は長いのか)
 を踏まえたものとして知られています。
  作者の大江千里は、漢詩人としてもとても有名でした。
  名高い漢詩の設定を和歌に移し替えて詠むのは、得意中の得意
 でもあったと思われます。白楽天の詩を名歌に変えて見せた大江
 千里、文章博士(もんじょうはかせ)らしい、当代きっての知識
 人たるところを見せたのでした。
             ◆◇◆
  大江千里が権守となった伊予の国は、現在の愛媛県。愛媛県と
 いえば、県庁所在地の松山市が観光地として有名です。和歌山城
 や姫路城と並ぶ連立式の平山城として知られる松山城、夏目漱石
 の小説「坊っちゃん」の舞台ともなった日本最古の温泉「道後温
 泉」などが有名です。また、愛媛松山は正岡子規や高浜虚子、河
 東碧梧桐などの俳人を輩出した地としても知られており、子規記
 念館などで明治の大俳人の実像に親しむことができます。
  短歌・俳句好きの方、文学好きの方はぜひ一度訪れられてはい
 かがでしょうか?

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ