ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年9月10日配信】[No.072]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

 千早(ちはや)ぶる 神代(かみよ)もきかず 龍田川(たつたがは)
   からくれなゐに 水くくるとは

         在原業平朝臣(17番) 『古今集』秋・294

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  秋が訪れました。
 秋の日の ビオロンの ためいきの 身にしみて
 ひたぶるに うらがなし
  という上田敏訳・ヴェルレーヌの詩「落葉」のイメージは、ド
 ライな現在の感覚には少しそぐわないかもしれませんけれど、立
 ち止まって何かを考えさせてくれる季節ではあります。
 
 「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」など、秋は気候が良
 いせいで、いろいろな楽しみが多い季節です。
  秋はそもそも収穫の時期であり、古くから収穫の祭りが行われ
 た季節でもありました。現在でも学生さんたちにとっては、体育祭
 や文化祭などイベントが目白押しの季節ですよね。
  楽しいイベントが多い、ということは、それだけ出会いも多く
 恋も多いということかもしれません。
  学生の頃は、体育祭や文化祭の後に決まってカップルがたくさ
 ん生まれたものでした。秋はチャンスの季節かも。
  独身、恋人なしのみなさんもがんばって秋を満喫しましょう!
  
  ところで、今回は六歌仙の一人にして、平安時代きっての色男。
 伊勢物語に「昔男ありけり」と謳われた、稀代のプレイボーイ、
 在原業平の登場です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえ
 も、こんなことは聞いたことがない。龍田川が(一面に紅葉が浮
 いて)真っ赤な紅色に、水をしぼり染めにしているとは。
 
■□■ ことば ■□■

 【千早(ちはや)ぶる】
 次の「神」にかかる枕詞で、「いち=激い勢いで」「はや=敏捷
 に」「ぶる=ふるまう」という言葉を縮めたものです。
 【神代(かみよ)もきかず】
 「神代(かみよ)」とは、「(太古の)神々の時代」という意味
 です。不思議なことが当たり前に起こった「神々の時代でも聞い
 たことがない」という意味になります。下の句に記すのは、それ
 ほど不思議な現象だということを言っています。
 【竜田川(たつたがは)】
 竜田川は、紅葉の名所で、現在の奈良県生駒郡斑鳩町竜田にある
 竜田山のほとりを流れる川のことです。
 【からくれなゐに】
 「鮮やかな紅色」という意味です。「から」は「韓の国」や「唐
 土(もろこし)」を意味する言葉で、「韓や唐土から渡ってきた
 素晴らしい品」を表す接頭語(頭につける語)でした。当時の韓
 や唐土というと先進国で優れた品が日本に渡ってきていたので、
 こういう意味となったのです。
 【水くくるとは】
 「くくる」は「括り染め」、つまり「絞り染め」にするという意
 味です。「(竜田川が)川の水を括り染めにしてしまうとは」と
 いう意味で、紅葉が川一面を真っ赤にして流れていることを、竜
 田川が川の水を絞り染めにしてしまった、と見立てます。
 また竜田川を主語にして「擬人法」を使い、また「とは」は上の
 句の「神代も聞かず」につながるので、倒置法も使われています。

■□■ 作者 ■□■

  在原業平(ありわらのなりひら。825〜880)
 平城(へいぜい)天皇の皇子・阿保(あぼ)親王の息子で、百人
 一首の16番に歌がある、中納言行平(ゆきひら)の異母弟でもあ
 ります。右近衛権中将(うこんえごんのちゅうじょう)にまで出
 世し、「在五中将」や「在中将」と呼ばれました。六歌仙の一人
 で、伊勢物語の主人公とされ、小野小町のように「伝説の美男で
 風流才子」とされました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  神々が住み、不思議なことが当たり前のように起こっていた、
 いにしえの神代でさえも、こんな不思議で美しいことは起きなか
 ったに違いない。
  奈良の竜田川の流れが、舞い落ちた紅葉を乗せて、鮮やかな唐
 紅の絞り染めになっているなんて。
             ◆◇◆
  この歌は「屏風歌」です。屏風歌とは、屏風に描かれた絵に合
 わせて、その脇に和歌を付けたものです。
  古今集の詞書には「二条(にでう)の后(きさい)の春宮(と
 うぐう)の御息所(みやすどころ)と申しける時に、御屏風(み
 びゃうぶ)に龍田川に紅葉流れたる形(かた)を描きけるを」と
 あります。
  二条の后とは、藤原長良(ながら)の娘の高子(たかいこ)の
 ことで、清和天皇の女御(にょうご=天皇の側室)でした。その
 二条の后が、春宮(皇太子)の御息所(=皇子を生んだ女御)だ
 った頃、后の屏風に竜田川に紅葉が流れている絵が描かれている
 のを、作者の在原業平が見て、付けた歌だということです。
             ◆◇◆
  この歌はとても色彩感のあふれる歌で、百人一首の中でも憶え
 ておられる人も多いでしょう。それくらい華麗で、しかも
 ●竜田川を人とみなす「擬人法」
 ●川に紅葉が流れる様子を、唐紅色に絞り染めにした、と見なす
  「見立て」
 ●普通の言葉の順序なら、唐紅に 水くくるとは 神代も聞かず
  になるところを逆にした「倒置法」
 など、さまざまなテクニックが使われています。
  在原業平は平安時代を代表する美男子で、恋多き人でした。
 「伊勢物語」の主人公のモデルとされ、この歌を捧げた天皇の女
 御・二条の后とも実は恋愛関係にあったそうです。
  この歌を見ると、その華麗なるテクニックと話ぶりの機知が伺
 えますね。きっといつも女性がそばにいて、華やかな会話を交わ
 していたのでしょう。ちょっと羨ましい気がします。
             ◆◇◆
  この歌の舞台になった竜田川は、奈良県生駒郡斑鳩町竜田にあ
 る竜田山のほとりを流れる川です。JR王寺駅から、奈良交通バス
 に乗って竜田大橋で下車すると到着します。
  これほどの歌に詠まれるほどですので、付近は紅葉の名所です。
  観光スポットとしては、龍田神社の他、法隆寺などが近く、斑
 鳩の里を散策しながら竜田の流れをしのぶことができます。
  これからの季節、紅葉狩りには適していますので、ぜひご家族
 総出でお出かけになってはいかがでしょうか。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ