ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年1月10日配信】[No.048]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  天津風(あまつかぜ) 雲の通ひ路(かよひじ) 吹き閉ぢよ
   をとめの姿 しばしとどめむ

           僧正遍照(12番) 『古今集』雑上・872

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  明けましておめでとうございます。
  本年も弊庵のお菓子並びに当メルマガをご愛顧のほど、どうか
 よろしくお願いいたします。弊庵では、薫り高いお菓子を多種ご
 用意し、皆様のご来店をお待ちしております。
 
  さて、新年といえば初詣。毎年年末に警視庁が正月三が日の人
 出予想を発表していますが、今年も9千万人近くの人がどこかし
 らの神社仏閣に初詣に行かれたようです。皆さんは初詣には行か
 れましたか?
  初詣でおなじみなのが、神社のかわいい巫女さん。紅白の袴姿
 が優美で、天女のようでもあり、お正月のめでたさに相応しい情
 景といえるでしょう。
  今回はお正月にふさわしく、美しい天女の舞を描いた一首をご
 紹介します。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  天を吹く風よ、天女たちが帰っていく雲の中の通り道を吹き閉
 ざしてくれ。乙女たちの美しい舞姿を、もうしばらく地上に留め
 ておきたいのだ。
 
■□■ ことば ■□■

 【天津風(あまつかぜ)】
  「天津風」とは「空高く、天を吹く風」のこと。ここでは「天
 を吹く風よ」と呼びかけた形になっています。「つ」は「沖つ波」
 などと同じで、「の」と同じ意味の古い格助詞です。
 【雲の通ひ路(かよひじ)】
 雲の中にある、天上と地上を結んでいる通路のことで、天女がそ
 こを通って天と地を行き交うと考えられていました。
 【吹き閉ぢよ】
 「雲を吹き飛ばして、天女の通り道を閉ざしてしまえ」という意
 味です。通り道を塞げば、天女が天上に帰るのを妨げることがで
 きるからです。
 【をとめの姿】
 「をとめ」とは「天つ乙女」、つまり「天女」のことです。この
 歌は陰暦11月の新嘗祭(にいなめさい)翌日に宮中で披露される
 「五節の舞」を舞う少女たちのことを歌ったものですが、少女を
 天女に見立てています。
 【しばしとどめむ】
 下二段活用動詞「とどむ」の未然形に意志の助動詞「む」の終止
 形がついた形で、「しばらく止めておこう」という意味です。舞
 う乙女たちがあまりに美しく、いつまでも見ていたいので、天に
 帰ってしまうのを、しばらくストップさせよう、という意味です。

■□■ 作者 ■□■

  僧正遍照(昭)(そうじょうへんじょう。816〜890)
  俗名を良岑宗貞(よしみねのむねさだ)といい、桓武天皇の皇
 孫で大納言安世(やすよ)の子供でした。蔵人頭(くろうどのと
 う)として仁明天皇に仕えています。六歌仙の一人で出家する前
 は「深草少将」と呼ばれ、小野小町に恋する男として「大和物語」
 にも登場しています。仁明天皇が急逝した後、出家して叡山に入
 り、高僧として活躍しました。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  天を吹く風よ、天上界と地上を結ぶ雲の中の通り道をしばらく
 吹き閉ざして塞いでおいてくれ。あの美しい娘達が舞っている姿
 があまりに美しく、しばらくそのまま見ていたいのだ。
             ◆◇◆
  お正月にふさわしい、天女たちの舞姿を描いた一首。「古今集」
 の詞書によると「五節(ごせち)の舞姫を見て詠める」とあります。
 「五節の舞」とは陰暦11月中旬に行われる新嘗祭(にいなめさい)
 の翌日、「豊明節会(とよのあかりのせちえ)」の宴の後に公家や
 国司の家から選ばれた未婚の美しい娘5人が踊る舞楽のことです。
  もちろん公家の娘ですから天女ではありませんが、この舞の奉納
 自体が、かつて天智天皇が吉野に御幸したおり、天女が舞い降りて
 きたという伝説に基づいたものです。そこで僧正遍照は、少女たち
 の舞う姿があまりに美しかったので、こんな歌を歌ったのでしょう。
  西洋ならば「エンジェルたちが下りてきて」といったところ。縁
 起の良い典雅な歌で、天女のはばたきが聞こえてくるようです。
             ◆◇◆
  僧正遍照は、出家する前の名前を良岑宗貞といい、深草少将と呼
 ばれていました。同じ六歌仙だった小野小町との恋愛は有名で、小
 町伝説の中には、こんな話もあります。
  深草少将は、小野小町が地方へ下った後も恋するあまり、官職を
 なげうって小町の住処へ出向きます。小野小町は疱瘡を病んでいた
 ために治るまでの時間稼ぎとして、「もし私に会いたいなら、毎日
 私の庭に1本づつシャクヤクの花を植えてください。それが100本
 になったら、あなたとお会いしましょう」と告げます。
  そこで深草少将は毎日小町の家の門前に来て花を植えますが、ち
 ょうど今日で100本というその日に嵐に遭い、少将は川に掛けた橋
 が崩れたため濁流に呑まれ、死んでしまったのでした。
  もちろん若い頃亡くなっていれば、出家することもないのでこれ
 は伝説です。しかしこうした伝説が生まれたり恋愛で騒がれるとい
 うことは、小野小町や深草少将など当時の有名歌人は、現代の歌手
 のような存在だったと想像できますね。
             ◆◇◆
  さて、もう三が日の初詣はお済みになられたと思いますが、全国
 の神社の参拝客ベスト10は2001年集計で下の通りです。
 1位 明治神宮(東京都渋谷区・JR山手線明治神宮前駅下車)
 2位 成田山新勝寺(千葉県成田市・JR総武線成田駅下車)
 3位 川崎大師(神奈川県川崎市・京急川崎駅から京急大師線に乗
         換え、川崎大師駅下車)
 4位 伏見稲荷神社(京都市伏見区・JR奈良線稲荷駅)
 5位 住吉大社(大阪市住吉区・難波駅から南海電鉄南海線に乗換
         え、住吉大社駅下車)
 6位 熱田神宮(愛知県名古屋市・JR東海道本線熱田駅下車)
 7位 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市・JR東海道本線鎌倉駅下車)
 8位 太宰府天満宮(福岡県太宰府市・JR博多駅から地下鉄で西鉄
           福岡駅に乗換え、西鉄太宰府駅下車)
 9位 大宮氷川神社(埼玉県大宮市・JR高崎線大宮駅下車)
 10位 浅草寺(東京都台東区・都営浅草線/営団地下鉄銀座線浅草
        駅下車)
  実はこうした有名な神社は、正月3が日には殺人的な混雑で行く
 だけで疲れるもの。まだ行かれていない方、15日までは正月だなん
 て説もありますので、混雑の落ち着いた今の時期にちょっとお参り
 に行かれるのもいいでしょう。神様も1日に数百万人を相手するよ
 りよほど楽だ、と思っているかもしれませんよ。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ