ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年10月15日配信】[No.078]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  わたの原 八十島(やそしま)かけて 漕(こ)ぎ出でぬと
   人には告げよ 海人(あま)の釣り舟

            参議篁(11番) 『古今集』羈旅・407

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  10月中旬です。
  異常気象が続いた今年ですが、10月も上旬まで夏並みの暑さで
 驚いた人も多かったことでしょう。
  しかし、さすがに中旬ともなると夜は肌寒くなり、外出にも厚
 手の上着が必要になってきました。
  各地の高山などから、初霜が降りたという知らせも舞い込んで
 きます。また海風が冷えてくるのも今頃。
  瀬戸内の海はまだ暖かいでしょうが、船で出かけるなら十分厚
 着をして、風邪を引かないように気を付けてくださいね。
  今回は、船による寂しい旅立ちの歌です。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  広い海を、たくさんの島々を目指して漕ぎ出して行ったよ、と
 都にいる人々には告げてくれ、漁師の釣り船よ。
 
■□■ ことば ■□■

 【わたの原】
 広い大海原、という意味です。
 【八十島(やそしま)かけて】
 「八十(やそ)」は「たくさん」を意味する言葉です。また「か
 け」は動詞「かく」の連用形で「目指して」という意味になりま
 す。
 【漕(こ)ぎ出でぬと】
 「ぬ」は完了の助動詞で「漕ぎ出したよ」という意味になります。
 【人には告げよ 海人(あま)の釣り舟】
 「人」とは、都にいる人々を指します。「海人(あま)」とは、
 「漁師」の意味で、「釣り舟」を人間に見立てて呼びかける、擬
 人法を使っています。

■□■ 作者 ■□■

  参議篁(さんぎたかむら。802〜852)
 本名を小野篁(おののたかむら)といいます。834(承和元)年に
 遣唐使の副使に選ばれ、836(承和3)年に唐に向けて出発しまし
 たが難破して帰国。837年の再出発の時に破損した船に乗せられそ
 うになり喧嘩をしたため、当時の嵯峨天皇の怒りにふれ、2年間
 隠岐に流されました。後に文才を惜しまれ、都に戻され参議にまで
 出世しています。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  この歌は、作者紹介を見ていただければ分かるように、作者が隠
 岐へ流される時に作り、京の宮廷の人々に送った歌です。
  内実を知らずに読むと「大海原へこれから漕ぎ出すぞ」という勇
 気凛々とした冒険の歌かと勘違いするかもしれませんね。
  しかし作者は流刑に処せられ、これから遠く寂しい離れ小島へ渡
 っていくわけです。
 そこには「遠い都の人々へ伝えてくれよ、漁師の釣り船よ」と船に
 語りかけながら旅立つ孤独な姿が見え、また悟りきったような寂し
 い背中が見えるようでもあります。
  波間に浮かぶ小さな舟の描写が、見事に作者の孤独を表している
 ようではありませんか。
             ◆◇◆
  隠岐諸島は現在の島根県の沖、日本海に浮かぶ島です。今は松江
 市まで車や電車で行き、そこからフェリーに乗ればすぐです。
 しかし当時は、難波(現在の大阪市)の港から船に乗り、瀬戸内海
 を廻って本州と九州の境にある関門海峡を通り、ぐるっと廻って隠
 岐まで連れて行かれたそうです。
  なぜそんな遠回りをしたのか不思議ですが、その悲しく長い旅路
 を想像すると、この歌を詠んだ作者の心の重さがずっしりと伝わっ
 てくるようですね。
             ◆◇◆
  隠岐諸島は百人一首の撰者、藤原定家も仕えた後鳥羽上皇も流さ
 れた島で、院の遺体を葬った塚の他、隠岐神社や国分寺、歴史博物
 館など由緒ある見所が多く残されています。訪れる場合は、松江市
 などからフェリーが発着しています。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ