ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年3月20日配信】[No.019]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   これやこの 行くも帰るも 別れては
     知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関

           蝉丸(10番) 『後撰集』雑一・1089

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  3月は別れの季節。卒業のシーズンです。4月からは別々の学
 校に進学していく学生たちや、新たに社会人になる若者たち。ま
 た会社の配置転換も多い季節です。そんな時期ですので、今回は
 別れをテーマにした歌を取り上げて見ましょう。ただし、少し無
 常な思いのする歌です。
 
■□■ 現代語訳 ■□■
  これがあの、京から出て行く人も帰る人も、知り合いも知らな
 い他人も、皆ここで別れ、そしてここで出会うと言う有名な逢坂
 の関なのだなあ。
 
■□■ ことば ■□■
 【これやこの】
 「これがあの噂に聞くあの」というほどの意味です。「や」は詠
 嘆の間投助詞です。この句は「逢坂の関」にかかります。
 【行くも帰るも】
  「行く」「帰る」とも連体形なので、「行く人」「帰る人」の
 意味です。さらにこの場合は、京都から出て行く人と帰ってくる
 人を意味しています。
 【別れては】
 「ては」は、動作などについての反復(繰り返し)を意味してい
 ますので、「別れてはまた逢うを繰り返す」という意味です。
 【知るも知らぬも】
 これも連体形で、知人も見知らぬ人も、という意味になります。
 【逢坂の関】
 逢坂の関は、現在の山城国(現在の京都府)と近江国(滋賀県)
 の境にあった関所で、この関の東側が東国だとされていました。
 実は関所は比較的昔になくなったのですが、歌枕としては有名で
 よく歌に詠まれています。「逢坂」は「逢ふ」の掛詞。

■□■ 作者 ■□■
  蝉丸(せみまる。9世紀の人らしい)
  はっきりしたことは分かっていませんが、今昔物語には宇多天
 皇の第八皇子・敦実親王の雑色(ぞうしき。雑務をしていた下役
 人)とされています。また、一説によると盲目の琵琶法師だった
 という説もあります。なお、能に「蝉丸」という謡曲があります。

■□■ 鑑賞 ■□■
  この歌は、恋愛や風景描写の多い百人一首の中で、かなり特殊
 な歌といえます。
  知っている人も知らない人も、出て行く人も帰ってくる人も、
 別れてはまた逢い、逢ってはまた別れるという逢坂の関。
  「行くも帰るも」「知るも知らぬも」「別れては…逢坂の」と
 対になる表現を3つも盛り込んだ戯歌(ざれうた)に近い歌なの
 ですが、この逢坂の関はある意味人生のようで、深い趣のある歌
 だといえるでしょう。
  昔の歌人たちは、仏教の「会者定離(えしゃじょうり)」をこ
 の歌に感じました。会えば必ず別れがあり、別れてはまた出会い
 がある、というような無常感をここに見たのです。
             ◆◇◆
  卒業式シーズンを迎える学生や新社会人にとっては、別れはつ
 らいものですが、4月からはすぐに新しい学校やクラス、会社の
 新しい同僚たちと出会うことになります。新しい出会いは、必ず
 別れを運んでくるもの。しかしそれも人生なのでしょう。逢坂の
 関は出会いと別れを象徴する、人生そのものを暗示しているので
 す。
             ◆◇◆
  この歌の舞台となった「逢坂の関」は、伊勢国の鈴鹿や美濃の
 不破と並ぶ三関のひとつで、大津市逢坂から大谷町をへて京都山
 科の四ノ宮に続く坂道です。国道沿いに関址の碑があり、その近
 くに蝉丸神社があります。電車で行く場合は、京阪京津線の大谷
 駅で降りるか、JR東海道本線の大津駅で下車し、国道1号線沿い
 に道をたどってみましょう。かつて恋人たちの逢う瀬や、人生の
 出会いの掛詞として使われた、逢坂の関に出会えるでしょう。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ