ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2002年12月10日配信】[No.089]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

  かささぎの 渡せる橋に おく霜の
   白きを見れば 夜ぞ更けにける

           中納言家持(6番) 『新古今集』冬・620

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
  寒い毎日が続きます。
  12月も中旬に入り、いよいよ年も押しつまってきました。
  12月も今頃になると神社仏閣をはじめ商店街でも行事がいっぱ
 い。針供養や大根だき、赤穂浪士の義士祭りなどが京都では開か
 れますし、全国的には羽子板市、酉の市なども行われます。
  ビルが立ち並び、日本らしさが失われた昨今ですが、師走の風
 情は、日本情緒を思い出させてくれますね。まだまだ長く続いて
 ほしいものです。
 
  さて今日は、大雪を迎えた京都の冬にふさわしい一首をお届け
 します。
  
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  七夕の日、牽牛と織姫を逢わせるために、かささぎが翼を連ね
 て渡したという橋ーー天の川にちらばる霜のようにさえざえとし
 た星の群れの白さを見ていると、夜もふけたのだなあと感じてし
 まうよ。
 
■□■ ことば ■□■

 【かささぎの渡せる橋】
 天の川のこと。中国の七夕伝説では、織姫と彦星を七夕の日に逢
 わせるため、たくさんのかささぎが翼を連ねて橋を作ったとされ
 ます。
 【おく霜の 白きを見れば】
 「霜」はここでは「天上に散らばる星」のたとえとなっています。
 「月落ち烏鳴いて霜天に満つ」という唐詩(張継の作)が元になっ
 ていると言われます。
 【夜ぞふけにける】
 「ぞ〜ける」で係結びになり、詠嘆の助動詞「けり」は連体形の
 「ける」になります。

■□■ 作者 ■□■

  中納言家持(ちゅうなごんやかもち。718?〜785)
 奈良時代後期の人、大伴家持(おおとものやかもち)です。三十
 六歌仙の一人で、大伴旅人(おおとものたびと)の息子です。
 早く父親に死に別れ、叔母の坂上郎女(さかのうえのいらつめ)
 に育てられました。
  万葉集に一番多い473首の歌が収録されており、折口信夫らの
 研究で、万葉集の主撰者(らしい)として後の王朝時代の詩歌に
 巨大な足跡を残しています。
  
■□■ 鑑賞 ■□■

  この歌には、2つの読み方があります。
  ひとつは冒頭に紹介した唐詩選の張継(ちょうけい)「楓橋夜
 泊(ふうきょうやはく)」の一節「月落ち烏(からす)啼いて、
 霜天に満つ」を元にしたもので、冬の冴えわたる夜空の星を、白
 い霜に見立てたもの。
  冬の夜空を見上げて、天の川に輝く夜空の星が美しい。冬の夜
 がふけていくなあ、と感じ入っている歌です。
  「かささぎの橋」というのは、七夕の織り姫と彦星の話のこと
 です。中国では七夕の一日だけ、たくさんのかささぎが天の川に
 翼を広げて織り姫の元へ彦星が渡って行けるようにしたわけです。
             ◆◇◆
  もうひとつは、「かささぎの橋」を奈良は平城京の御殿の階段
 になぞらえたもの。宮中はよく「天上界」になぞらえられ、「橋」
 と「階(はし)」の音が同じことからきたものです。
  宮中の夜の見張り番「宿直(とのい)」をしている深夜に、紫
 宸殿の階段に霜が降り積もっているのを見て、「天上をつなぐ階
 段に霜が積もり、白々と輝いている。冬の夜も更けたものだ」と
 感じているというストーリーです。
             ◆◇◆
  どちらも美しいたとえですが、ストレートに天の川を歌った前
 者の方がロマンチックのような気がします。
  作者・大伴家持は繊細で優美で情感あふれる歌を得意とした人
 で、後の平安時代の詩歌に非常に大きな影響を与えた人です。
 1300年の時を超えて、今なお美しい歌を残せるなんて、そのこと
 がとてもロマンチックですね。
  家持の過ごした平城京の御殿は、近鉄奈良線西大寺駅を下車し
 て東です。いにしえの都で見上げる天の川もいいでしょうし、史
 跡に親しんで、階段に積もる霜の様子を想像してみるのもロマン
 チックではないでしょうか。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ