ちょっと差がつく百人一首講座/京都のおかき・あられ・おせんべい・和菓子処小倉山荘

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ

【2001年7月20日配信】[No.031]
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 【今回の歌】

   春すぎて 夏来(き)にけらし 白妙(しろたへ)の 
    衣(ころも)ほすてふ 天(あま)の香具山(かぐやま)

           持統天皇(2番) 『新古今集』夏・175

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  梅雨明けが宣言され、やっと陽光輝く夏が到来しました。夏と
 いえば、突き抜けるような青い空と白い入道雲がイメージされま
 す。ありきたりな感覚とも思えますが、夏の魅力はこのように爽
 快な原色のコントラスト。
  夏の歌にも、やはり色を強烈に感じさせるものが多くあります。
  今回紹介する歌も、白を印象的に扱うことで、涼しげな感じを
 ばっちり表現しています。
 「夏なんて暑いばっかりで嫌だ」って言っている人も、「この季
 節が一番!」だって喜んでいる人も、この歌でペパーミントのよ
 うな爽やかさを味わおうではありませんか。

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  いつの間にか、春が過ぎて夏がやってきたようですね。夏にな
 ると真っ白な衣を干すと言いますから、あの天の香具山に(あの
 ように衣がひるがえっているのですから)。
 
■□■ ことば ■□■
 【夏来にけらし】
  「けらし」は「けるらし」がつづまった形で、「らし」は推測
 を表します。現代文で言えば「らしい」にあたり、「夏が来たら
 しい」という意味です。
 【白妙の】
 「白妙(しろたえ)」とは、コウゾなどの木の皮の繊維で織った
 真っ白な布のこと。「衣」にかかる枕詞です。
 【衣ほすてふ】
 「衣を干すという」との意味で、「てふ」は「といふ」がつづま
 った形です。
 【天の香具山】
  奈良県橿原市にある低い山で、大和三山の一つです。この山は
 天から降りてきたという伝説があり、そのため「天の」が頭につ
 きます。
 
■□■ 作者 ■□■
  持統天皇(じとうてんのう。645〜702年)
 天智天皇の第2皇女で、壬申の乱の時に夫の大海人皇子(おおあ
 まのみこ。後の天武天皇)を助けました。夫の死後、皇子・草壁
 が28歳の若さで死んだために持統天皇として即位しています。
 政策面では、刑部親王や藤原不比等らに命じて法令集「大宝律令」
 を編纂させるなど、奈良時代の政治の根幹を固めました。
 
■□■ 鑑賞 ■□■

  まず、この一首に歌われる「天の香具山」は奈良県橿原市にあり
 畝傍(うねび)山、耳成(みみなし)山と並ぶ大和三山のひとつで
 す。天上から降りてきたという神話があるので「天の香具山」と呼
 ばれますが、持統天皇が政治を執り行っていた藤原京からは、東南
 の方角にこの山が眺められたようです。
  この山を見ながら、この有能な女帝は「ああ、いつのまにか春が
 過ぎて夏がやってきたようね。夏になると真っ白な衣を干す天の香
 具山に、衣がひるがえっているのが見えるから」とふと感じたので
 しょうか。
  夏の訪れが山の緑と布の白さで象徴される、とても爽やかな感じ
 を与える歌といえます。
             ◆◇◆
  万葉集では、この歌は「春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣ほ
 したり 天の香具山」になっています。「干したり」は「干してい
 る」で、原歌が歌われた頃はちゃんと干していたのでしょうが、藤
 原定家の時代には、もう行われていなかったのでしょう。
 「衣ほすてふ」と伝え聞く「伝聞」の形をとることで、天の香具山
 に衣を干した当時の風俗を取り込む趣になっています。
             ◆◇◆
 この歌の舞台となった橿原市は万葉の都。大和三山の畝傍山(199m)、
 香具山(152m)、耳成山(140m)がちょうど正三角形をなして、持統天
 皇のいた藤原京跡を取り囲んでいます。
  神話では、香具山が天から降りてきたという話の他に、畝傍山を
 女性に見立て、耳成山と香具山が奪い合ったという話も残っている
 そうです。
  大和三山をウォーキングするなら、近鉄橿原線橿原神宮駅で降り、
 畝傍山のふもとにある橿原神宮からスタートするとよいでしょう。
  橿原神宮は神武天皇が天下を治めた宮の跡を保存するため、明治
 時代に建てられた神社です。そこから畝傍山、香具山、耳成山の順
 に登ってみましょう。どれも美しい形の低い山で、万葉の昔をしの
 ぶにはもってこいの雰囲気です。
 藤原京の跡には田園風景が広がっていますので、香具山の南にある
 「飛鳥資料館」に行くと復元模型が見られます。

 

『ちょっと差がつく百人一首講座』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ