京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】播磨國の陰陽師・智徳法師の秘術。

  むかし、西国からたくさんの財を積んだ船が京へ上る途中のこと。
  播磨國の明石あたりで、にわかに現れた海賊に襲われ、
  海へ飛び込んで逃げた2人を除いて船員ことごとく殺されてしまいました。

  2人はどうにか陸まで泳ぎ着き、命こそ助かりましたが、
  財は奪われ、仲間もみな殺しにされた悔しさに、声をあげて泣き崩れました。
  そこへ通りかかった老人が一人──。

  ◆老人「これこれ、いかがいたしたのじゃ?」

  ◇船員「海賊に襲われて宝を奪われました。
          仲間も皆殺しにされ、私たちだけ命を長らえましたが、
          何もかも失ってしまい、泣くほかはございません」

  ◆老人「おお、これはあわれじゃ。わしが海賊めを捕まえてやろう」

  老人のその言葉を真に受けるほど、船員は馬鹿正直ではありませんでしたが、
  弱り切った今の2人にとってその気づかいが嬉しく、
  「ありがとうございます」と声をそろえて答えました。

  ◆老人「では、海賊に襲われた場所に案内してくれい」

  老人があくまで大まじめに言うので、2人は怪訝に思いながらも
  小舟を借りて海へ漕ぎだしました。
  その場所まで来ると、老人は海面になにやら文字を書き、
  呪文のようなものを唱えて「あとは待つばかりじゃ」と言いました。

  そうして陸で待つこと7日。
  どこからともなく海賊船が岸へたどり着きました。
  陸では土地の屈強な男たちが、手に手に武器を持って身がまえていましたが、
  海賊たちは酔ったようにうつろな目をしてみなぼーっと立ちつくしています。

  陸の男たちは船に乗り込み、なんの抵抗も受けずに
  奪われた財を運び出しました。
  2人の船員は老人の秘術の力を思い知り、抱き合って喜びました。

  ◆老人「うぬら、今日のところは赦して遣わすが、
          ふたたびこのような悪事をいたせば命はないと思え!
          播磨國にこの智徳法師がおることをゆめ忘れるでないぞ!!」

  老人が目を怒らせ、雷のような声で怒鳴りつけたので、
  海賊たちはほうほうの体で逃げ去ってゆきました。
  この智徳法師こそ、のちに安倍晴明に術くらべを挑んで敗れ、
  その弟子となって後世に名を残した陰陽師です。

                                  脚色  江幡店長  出典『宇治拾遺物語』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ