京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】さらわれた子供の命は?──恩を知る者の話。

  むかし九州のある国で、2歳の幼児を連れた女が隣の家の女とともに
  浜辺で貝などを探していたときのこと。
  波打ち際に一匹の猿が、情けない顔をしてこちらを見ていました。

  ◇隣の女「おや、この猿は馬鹿だねぇ。大きな貝に手を挟まれて
            逃げられなくなったんだよ。
            いっそこの猿を撃ち殺して焼いて食べようじゃないか」

  ◆子連れ「そんな可哀相なことを言うもんじゃない。助けてやろうよ」

  子連れの女はそう言って、貝の口をこじ開けて猿を逃がしてやりました。
  すると猿は突然、浜で遊んでいた子供のほうに駆けより、
  抱きかかえたかと思うと、一目さんに山の方へ山の方へと走ってゆきます。

  ◆子連れ「なにをするんだい!この恩知らずめ!!」

  ◇隣の女「ほら、見てごらんな!猿なんかに恩などわかるもんか!」

  ふたりの女は猿を追って、山中深くまで踏み入りました。
  ぜいぜいあえぎながらしばらく追いかけると、
  憎らしいことに、猿は大木に登って枝の上に悠然と腰を下ろしています。

  ◆子連れ「あぁ、もうだめだ……」

  女がそう言ったのも無理はありません。
  猿が相手ならまだしも、大空から一羽の鷲が、
  猿に抱かれた子供を狙って鋭く舞い降りてきたのです。

  すると猿は木の枝をたわめて十分にひきしぼり、
  鷲が子供をさらおうとするのに合わせて「ピシャン」と手を離しました。
  次の瞬間、ふたりの女のあしもとに一羽の鷲が落ちてきました。

  さらに数羽の鷲がつぎづぎと子供をめがけて飛んできましたが、
  猿はおなじように枝を上手に使い、合計5羽の鷲を撃ち落としました。
  やがて猿は木を降り、根元にそっと子供を置いて再び木の上に戻りました。

  ◆子連れ「あぁ、これがお前の恩返しだったのだね……」

  女は泣きながらわが子を抱きかかえました。
  その後5羽の鷲を売り、しばらく裕福に暮らすことができた女は、
  この顛末を人に語るとき、決まってこう語り始めたということです。

  「猿でさえ恩を知っている。まして人間なら──」

                                    脚色  江幡店長  出典『今昔物語集』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ