京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】涙涙涙!夫を奪われた本妻のあはれな悲恋歌

      ┌──────────────────────────┐
      │ ■ あこがれの地・平安京を夢見る田舎者              │
      │ ■ これぞ風流の神髄!丹波国に蘇る光る源氏の君?    │
      │ ■ あこがれの京女!都会女性にうつつを抜かす夫      │
      │ ■ 或る秋の出来事                                  │
      │ ■ 秋に鳴く鹿が妻を求めるように……                │
      └──────────────────────────┘

  ■ あこがれの地・平安京を夢見る田舎者
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    むか〜し昔。平安時代のころのこと。
    丹波国にひとりの男がいました。田舎者ではありますが、なかなか風
    流を知る男で、四季折々に花鳥風月を愛で、歌を吟じて暮らしている
    ような人でした。

    当然、きらびやかな都への憧れも強く、いつも「いつか上京して都暮
    らしなどしたいものじゃ〜」などと言って東の空を眺めては、さも幸
    せそうに瞳をキラキラさせていました。

    
  ■ これぞ風流の神髄!丹波国に蘇る光る源氏の君?
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    さてこの男の一番の「風流」と言えば、二人の妻を持ち、同じような
    家を二軒並べて建てて、それぞれに妻を住まわせていたことでしょう。
    光る源氏の君さながらに、今日はあっち、明日はこっちと、なかなか
    男冥利につきる生活……。

    いや、もともと妻はひとりだったのです。
    最初の妻=「本(もと)の妻」は夫と同じ丹波国の生まれ。繊細でよく
    気の利く女性だったので、夫婦生活は順風満帆だったはずでしたが、
    都会へ異常な憧憬をもつ夫はその後、都からわざわざ新しい妻=「今
    の妻」を迎えたのでした。


  ■ あこがれの京女!都会女性にうつつを抜かす夫
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    やんわりとした京言葉の響き。艶やかな流行の衣装。洗練された都会
    女性のしなやかなしぐさ――。二人目の妻を迎えてからというもの、
    夫はすっかり「今の妻」の虜になってしまいました。そして「本の妻」
    の家へは全く通わなくなってしまいました。

    「本の妻」は悔しいやら悲しいやら、思い出されるのは二人で風流を
    競い、笑顔で暮らした新婚生活の頃のことばかり。彼女自身も幼いこ
    ろから和歌をたしなんでおり、以前は夫もそんな彼女の繊細さを心か
    ら愛おしんでくれていたはずでしたが、その幸せな生活が「今の妻」
    の登場によりこうもあっけなく崩れ去ってしまうとは……。

    「本の妻」は毎日毎日、隣の「今の妻」の家から漏れる夫と新妻の楽
    しげな話し声を耳にするたび、一度は気が狂いそうになるほど怒り、
    やがてさめざめと泣くのでした……。


  ■ 或る秋の出来事
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    都から妻を迎えて最初の秋のこと、夫がいつものように「今の妻」の
    家にいると、連なる丹波の山々の奥から鹿の鳴き声がひびいてきた。
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ◆   夫   (ううむ、なんとも良い音色じゃ。鹿の鳴き声のあの切な
                さといったら、これぞ「風流」というものじゃ。そして
                目の前には美しい都の女。ワシは幸せじゃ……)

              「――時に、今の鳴き声をどうお聞きになったかな?」
    ───────────────────────────────
    ◇ 今の妻 「あぁ、鹿ね。煎り物にしても美味しいし、焼き物にして
                も美味しいワ!そういえば、せっかくこんな田舎くんだ
                りまで来たのに、一度も鹿を食べさせてくれないわね!!」
    ───────────────────────────────
    ◆   夫   「や……それはまた、いずれ」

              (くぅぅ、都育ちの女ならばもっとこう、趣のある答え方
                というものがあるだろうに!!)

              「ちょ、ちょっと向こうへ行って来る」
    ───────────────────────────────
    ◇ 今の妻 「え?なぜ?――わかったワ!鹿の声を聞いて田舎の女が
                急に恋しくなったのね。どうぞご勝手に〜♪」
    ───────────────────────────────
    男はよほどショックだったのでしょうか、逃げるように「今の妻」の
    家を去り、隣の「本の妻」の家へ駆け込むや、こう尋ねました。
    ───────────────────────────────
    ◆   夫   「い、今、鹿の鳴き声を聞いたか?聞いたか?――」
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ■ 秋に鳴く鹿が妻を求めるように……
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    久しぶりの来訪にも驚くことなく、夫の問いかけに「本の妻」は即座
    にこの一首を詠んで答えました。

      ┌───────────────────────────┐
      │我もしか鳴きてぞ君にこひられし今こそ声をよそにのみきけ│
      └───────────────────────────┘
       ┌           秋の鹿が鳴いて妻を求めるように           ┐
       │      あなたはかつて泣いて私を恋うてくださった      │
       │                                                    │
       │              それも今となっては昔の話              │
       │                                                    │
       │                    今ではよそで                    │
       └     あなたの楽しげな声を聞いているだけの私です     ┘


    夫はしばらくぽっかりと口を開けたまま固まってしまいました。
    突然の問いかけに詠んだ一首の見事さ。切なさ。和歌を詠めとも気の
    利いた答えをしろとも言ったわけではないのに、「本の妻」の口から
    あふれるように漏れた一首は、悲しみと気品に満ちた美しい歌でした。


    彼はこの瞬間、 2つの事実を悟ったのでした。
    風流を求める心に、都会も田舎もないということ──。
    鹿の声を聞いて即座に想いを重ねずにはいられないほど、「本の妻」
    の悲しみとは深いものだったこと――。


    夫はその後「本の妻」だけを妻として、風流を楽しみながらふたり仲
    むつまじく暮らしたということです。


           原話『今昔物語集』『大和物語』ほか  脚色 江幡 (90%)

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ