京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】もののけも感動!平安時代随一の屋敷。

  藤原彰子(しょうし)といえば、かの『源氏物語』を著した紫式部をはじめ、
  和泉式部や赤染衛門など、名だたる女流歌人たちが仕えたファーストレディ。
  栄華を極めた藤原道長の長女で、一条天皇の中宮(≒皇后)でした。

  彰子が父・道長邸──「土御門殿(つちみかどどの)」と呼ばれる
  広大な屋敷に住んでいたころのこと。
  季節は3月の末の花ざかりで、庭の桜が匂うように咲き乱れていました。

  「こぼれてにほう花ざくらかな」

  寝殿にいた彰子の耳に、誰かがうるわしい声で、
  そんな古い歌を口ずさむのが聞こえてきました。
  彰子は感心して、声の主を確かめようとしましたが、庭に人影はありません。

  ◆彰子「どうしたことじゃ?誰じゃ?誰がいま歌を口ずさんだのじゃ?」

  ◇家人「彰子様、どうなさいました?
          今日は誰も庭に降りておりませんが……。人の出入りもありませぬ」

  ◆彰子「で、では先ほどの声は?よもや鬼神のしわざでは??」

  彰子は恐れおののき、急いで宇治に住む弟の頼通のもとへ使いを走らせ
  この件を伝えさせました。
  頼通からすぐに返事が来ましたが、その文面に彰子は再び愕然となりました。

  ■頼通「ああ、そのことですか。土御門殿では以前からよくあるのですよ。
          広大で美しい屋敷ですから、物の怪も感動しているのでしょう。
          姉上、どうかお気になさいますな」

  彰子はこの件以来、土御門殿を離れ、二度と近寄ることもありませんでした。
  しかし弟の頼通は、この土御門殿を愛してやまなかったらしく、
  物の怪が出ることもまったく気にしていないふうでした。

  そしてその言葉通り、平安随一の壮麗な屋敷として知られる土御門殿には、
  頼通の死後しばしば装束姿の頼通が歩き回る姿が目撃され、
  その執心ぶりがいくつかの書物で今に伝えられています。

                                    脚色  江幡店長  出典『今昔物語集』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ