京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】音楽家の誇りをかけて!源博雅の盗品探し。

  村上天皇の御代、「玄象(げんしょう)」と呼ばれる皇室伝来の
  琵琶(=弦楽器)が忽然と消え失せました。
  由緒ある名器が盗難に遭い、天皇はいたく心を痛めていました。

  時に、当時最も優れた音楽家であった源博雅(ひろまさ)は、
  日本一の琵琶の盗難を同じく嘆いていた一人でした。
  夜ごと皇居で玄象の音色を思い出してはため息を吐いていましたが──。

  ある夜、南の方角からふと、琵琶の音が聞こえてきました。
  その格調高い響きは、聞き違えるはずもないかの玄象の音色です。
  博雅は驚き、あわてて音のする方へ走り出しました。

  さきほどまで琵琶が鳴っていた場所まで来ると、
  不思議なことに音色はさらに南の朱雀門のほうから聞こえてきました。
  そして朱雀門まで来てみると、琵琶はまだはるか南から聞こえます。

  南へ南へとまるで逃げてゆくような琵琶の音色。
  博雅は玄象を追って南へ南へひた走り、
  ついに深夜の朱雀大路をはるばる南の果ての羅城門まで走りきりました。
  音はまさに、門の二階から響いてきます。

  時は深更。場所は羅城門。──そこは鬼が棲むと言われる場所。
  博雅は恐ろしさのあまり逃げ出したくなりましたが、
  芸術家の誇りと名誉をかけ、思い切ってこう叫んでみました。

  「誰かは知らぬが、そこにある琵琶は玄象であろう!
    この源博雅の耳はお前が盗んだ琵琶の音色をどこからでも聞きつけ、
    必ずや玄象を取り戻すであろうぞ!!」

  はたと琵琶が止み、二階からするする、と何かが降りてきました。
  縄にくくられて降りてきた物は、紛れもない玄象。
  博雅はこうして見事、皇室の宝物を持ち帰ることに成功したのでした。

  この後源博雅は、国の宝と言ってもよい琵琶の名器を
  「鬼から奪い返した」として、
  さらに音楽家として尊敬を集めることになるのです。

                                    脚色  江幡店長  出典『今昔物語集』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ