京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】老母のため!生類憐れみの令を破った男!

      ┌──────────────────────────┐
      │ ■ 綱吉公もビックリ!平安版『生類憐れみの令』      │
      │ ■ 禁令に泣く!貧しい僧の悩み                      │
      │ ■ 母のために魚を捕る!孝行息子の不運              │
      │ ■ 白河院じきじきの取り調べに僧は……              │
      │ ■ 名も無き僧の孝行が禁令をくつがえす!            │
      │ ■ 白河院御製・月影に永遠の繁栄を詠む!            │
      └──────────────────────────┘

  ■ 綱吉公もビックリ!平安版『生類憐れみの令』
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    江戸時代は元禄のころ、『生類憐れみの令(しょうるいあわれみの
    れい)』を発して魚や鳥を食料として飼うことを禁じ、畜類(特に犬)
    を愛護させた徳川五代将軍・綱吉公は「犬公方」とあだ名されまし
    た。極端すぎる動物愛護政策をとり、前代未聞の悪令を発した将軍
    様を、人々は陰でこう呼んで揶揄したそうです。

    しかし、極端な動物愛護政策は綱吉公がはじまりというわけではあ
    りません。元禄時代からさかのぼること550年以上も昔、平安時代
    後期に、同様の厳しい殺生禁制が白河院から発令されていたのです!
    『今鏡』という歴史物語は当時をふりかえってこう伝えています。

    「皐月の山に鹿を射る貧しい男の姿もなく、秋の夕暮れに浦で魚を
    漁る海女もいなくなった」

    
  ■ 禁令に泣く!貧しい僧の悩み
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ここからは昔むかしの物語〜♪
    白河院より天下に殺生禁断の令が出されたころ、年老いた母と二人
    ぐらしの貧しい僧がいました。

    この僧には日ごろ深く悩んでいることがありました。それは、老母
    が魚以外に食べ物を口にしない人で、禁令のため魚が手に入らなく
    なってからというもの日ごとに体が弱ってゆくことです。

    母を養えるのは息子である自分だけ……彼は魚を求めて東西南北へ
    奔走しましたが、手に入れられずにいるうち、母はとうとう「余命
    いくばくもなし」という状態になってしまいました。


  ■ 母のために魚を捕る!孝行息子の不運
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    僧の悩みはさらに深いものとなりました。
    魚を得られず母を見殺しにするのは「不孝」
    かと言って禁令を破り魚を漁って母を助ければ「不忠」

    ……しかし彼は死にかけた老母を目の前にして、ついに一大決心し
    たのでした。魚のとり方などまるで知らなかったにもかかわらず、
    みずからたすきがけして桂川へ入ると、悪戦苦闘しながら魚を1匹、
    2匹、どうにか捕ることができたのでした。

    ところが「これで母も助かる!」と家路につこうとしたとき、運悪
    く役人に見とがめられ、彼は院の御所へ引き据えられることになっ
    てしまいました。


  ■ 白河院じきじきの取り調べに僧は……
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ◆ 白河院 「殺生禁制は周知のことである。お前も知らぬわけがあ
                るまい。それにお前は僧侶であろう。僧衣を着て禁制
                を破った罪は許しがたい!」
    ──────────────────────────────
    ◇   僧   「禁制の咎が重いことはよく存じております。たとえ禁
                制がなくても、僧としてこのような振る舞いは許され
                るものではありません……」
    ──────────────────────────────
    ◆ 白河院 「むむ、それを知っていて禁を破ったか!! (怒)」
    ──────────────────────────────
    ◇   僧   「私には老いた母がおります。私以外に頼みにする者も
                ございません。家が貧しいため思い通りに養うことも
                できませんが、母は魚しか口にしないため、近ごろの
                禁令によりますます衰えております」
    ──────────────────────────────
    ◆ 白河院 「しかし、魚しか口にせぬとは……」
    ──────────────────────────────
    ◇   僧   「今にも息絶えそうな母を見ていると居ても立ってもい
                られなかったのです!魚の捕り方も知らないというの
                に、気づいたときにはもう川へ飛び込んでおりました」
    ──────────────────────────────
    ◆ 白河院 「…………」
    ──────────────────────────────
    ◇   僧   「上皇様、私が処罰されるのは覚悟の上のことでござい
                ます!しかし、この魚だけは──この魚だけはなんと
                か母のもとへお遣わし願えませんでしょうか?母が美
                味しそうに食べたというご報告さえいただけましたら、
                あとはどのような処罰も喜んでお受けいたします!!」
    ──────────────────────────────
    ◆ 白河院 「む!なんという奴……!! 老いた母を養うために命を
                賭したか!!!!! (号泣)」
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ■ 名も無き僧の孝行が禁令をくつがえす!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    院と僧との問答の最中、白河院をはじめとしてその座に居合わせた
    者ことごとく涙を流さぬ者はなかった、と伝えられます。白河院は
    その後、僧を許し、馬車にいっぱいの贈り物を積んで与えたそうで
    す。そして「不自由があればいつでも申すがよい」と異例のお言葉
    をも添えられました。

    権力をほしいままにし、強力な独裁制をしいて自由気ままな政治を
    行ったとされる白河上皇。名も無き僧の「孝養の志」に感動し、禁
    令をまげてまで咎人を手厚くもてなしたこの心があれば、綱吉公も
    よもや「犬公方」などと陰口を言われることはなかったでしょう。


                  原話『古今著聞集』『十訓抄』 脚色 江幡 (70%)

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ