京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】妹が人質に!!助けようとしない兄の複雑な心境。

  西暦1000年、一条天皇の御代のころ。
  甲斐の国に大井光遠(みつとお)という強い相撲取りがおり、
  そのたくましい風貌とは不釣合な、細く美しい妹とともに暮らしていました。

  あるとき、悪事を働いて追われている賊が光遠の屋敷に逃げ込み、
  年の頃なら25、6歳の光遠の妹の腹に刀を当てて人質に取りました。
  追っ手はあわてて兄光遠のもとへ行き、事の次第を告げました。

  ◇追っ手「大変ですぞ!!貴家の姫君が人質に取られましたぞ!!」

  ◆光  遠「なに?人質だと!?あの女を人質に取れるのは、
            伝説の相撲取り・薩摩氏長くらいなものだろうに……」

  と、光遠はそう言っていっこうに動じるけはいもありません。
  追っ手はあきれて賊のもとへ立ち戻ると、薄い衣をまとった弱々しい女は、
  いかめしい賊に掴まれて今にも折れてしまいそうなけしきです。

  ところが──。女は左の袖で顔を覆って泣きながら、
  余った右手の手慰みに、足元にあった30本もの矢をおもむろにつかむと、
  次の瞬間、いともたやすく粉々に砕いてしまったのでした。

  金槌を使っても簡単に砕けそうにない30本の矢を片手で砕く驚くべき剛力。
  それを見た賊は見る間に青くなり、人質を棄てて逃げ出そうとしました。
  追っ手はすかさず賊を捕らえ、光遠のもとに連行しました。

  ◆光  遠「なにゆえ逃げようとしたのじゃ?」

  ○  賊  「姫君様がすさまじい力の持ち主と知り、恐ろしくなりました」

  ◆光  遠「さもあろう。あの女を本気で刀で刺そうとすれば、
            お前は間違いなく肩の骨を砕かれていたであろうよ。
            このわしが二人がかりでようやく太刀打ちできるほどの力じゃ」

  それを聞いて賊は、すっかり脱力してその場にへたり込んでしまいました。
  光遠は賊の様子を見て哀れに思い、そのまま赦して解き放ちました。
  当の妹は、何事もなかったかのように涼しい顔で庭を歩いています。

  ◆光  遠「あぁ、あれが男であったなら、
            天下無双の力士として名をあげたであろうに……」

  14、5 で嫁ぐ者が多い世の中で、25歳になって未だ嫁ぎ先のない美貌の姫君。
  それを一番の稽古相手としている相撲取りの兄は、
  女ざかりをとうに過ぎた妹を、複雑な心境で見つめるばかりでした。

                                    脚色  江幡店長  出典『今昔物語集』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ