京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】平安時代の姑いびり? 〜 姨母棄山の物語

      ┌──────────────────────────┐
      │ ■ 「うばすて山」物語の知られざるテーマ            │
      │ ■ オニ嫁吼える!「あのおばちゃんなんとかしてよ!!」│
      │ ■ オニ嫁さらに吼える!「いっそ棄ててきたら?」    │
      │ ■ 月の照るのが悲しくて……                        │
      └──────────────────────────┘

  ■ 「うばすて山」物語の知られざるテーマ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    「うばすて山」のお語はほとんどの人が一度は聴いたことがあるか
    と思います。私も記憶は定かではありませんが、幼い頃に保育園で
    先生がこのお話を紙芝居で語ってくれたような、テレビの『まんが
    日本むかしばなし』で見たような、そんな思い出があります。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ところがこのお話、『今昔物語集』を読み返してみると子供に読ん
    で聴かせるにはなんとも生々しい、嫁の「姑いびり」がテーマだっ
    たことに驚かされます。今も平安の昔も変わらぬ、嫁と姑の果てし
    なき平行線の関係……。今回はそんな「姨母棄山(をばすてやま)」
    のお話です。

    
  ■ オニ嫁吼える!「あのおばちゃんなんとかしてよ!!」
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    むかしむかし、信濃の国に男がいました。家には妻のほかに年老い
    た姨母(をば=母方の姉妹)がいましたが、この姨母と男は長年仲良
    く一緒に暮らしてきたため親子のような親密な関係でした。──つ
    まり、妻にとって姨母は、「姑」でもないのに「姑のような」存在
    でした。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    妻は当然、これが気に入りません。しかも姨母はすでに老いて腰が
    曲がり、歩くのもままならない生活。妻の気持ちを現代語で代弁す
    れば、「なんで次男坊に嫁いだはずなのに老人介護の憂き目が回っ
    てくるのよ!」といった感じでしょうか?ともかく妻は、来る日も
    来る日も夫の耳のそばで、姨母の悪口を言い続けました。


  ■ オニ嫁さらに吼える!「いっそ棄ててきたら?」
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    はじめは聞く耳もたずだった夫でしたが、毎日毎日同じ悪口の繰り
    返しを聞かされるうちだんだん苦痛になってきて(かと言って姨母
    を心から憎んだりはしませんでしたが)、いつしか姨母さえいなく
    なれば妻のイライラも解消し、夫婦円満&自分も楽になれるかもし
    れない……と思うようになりました。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    「ここまで来ればもうこっちのもの!」──まさに、妻の粘り勝ち
    という形になりました。しかし、これで勝負の決着が本当についた
    わけではありません。妻は夫が精神的に追い詰められ、弱り切るこ
    の時をじっと待っていたのです!この時妻は、絶好のタイミングで
    ついにあの一言――憎っくき姨母に引導を渡すあの一言を吐いたの
    でした。

           ―― あの醜い姨母を、深い山奥に棄ててきて ――

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    妻に「姨母を棄てよ」と責め立てられて、そんな酷いことができる
    はずはないと思っていた夫であったが、さらに妻にきつく責め立て
    られると、もはや観念するしかなかった……。
    ──────────────────────────────
    ◇   男   「おばあちゃん、お出でなさい。山のお寺でそれはそれ
                はありがたい法会があるようです。連れて行ってあげ
                ましょう」
    ◆ 姨  母 「はあ、それはよいことじゃ。ぜひ行ってみたいのう」
    ──────────────────────────────
    男は姨母を背負って山に登った。そうして姨母がとても一人では降
    りてこられないほどの高さまで登ったあたりで、突如姨母をうち捨
    て、ひとり山を駆けおりたのである。
    ──────────────────────────────
    ◆ 姨  母 「おうい、おうい……ぉぅぃ、ぉぅぃ……」
    ──────────────────────────────
    男は逃げるようにして山を走った。
    事情も知らず、たったひとり暗い山奥へ取り残された姨母の声が―
    ―足腰も立たず、男のほかに頼る者もない、姨母の心細げな声がず
    っと後を追ってくるのを振り切るようにして……。
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ■ 月の照るのが悲しくて……
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    さて男は家に帰りつき、久しぶりに妻のさっぱりした表情を見るこ
    とも叶って、「やっとこれで平穏な日々が送れる」と安堵の息を漏
    らしたはずでしたが……。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ふとすすけた食卓を眺めると、夕飯の席で或る時は楽しく語り、あ
    る時は厳しく叱った姨母の姿がそこにある。ふと着ている服に目を
    移すと、穴の開いた生地に古い継ぎの跡があり、自分が畑仕事に精
    を出している間、折れ曲がった腰をさらに小さく丸めながら、ひと
    り黙々と針仕事をしてくれていた姨母の姿がそこにある。
    長年ともに暮らしてきた家の中を見渡せば、真実の親のように自分
    を慈しんでくれた姨母との、あたたかな思い出が詰まっていない場
    所はひとつもなかったのだった……。
    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    男は寝床に入ってもそわそわ落ち着かず、夜が更けても全く眠られ
    なかった。すき間だらけの壁から、山の上に昇った月の光が明々と
    差しこんでくる。その月影を仰いで、男は独り言のようにこうつぶ
    やくのだった。

    ┌────────────────────────────┐
    │我が心なぐさめかねつさらしなやをばすてやまに照る月をみて│
    └────────────────────────────┘

      ┌           私のこころをなぐさめることなど           ┐
      │                とうていできはしない                │
      │           更級の姨母を棄ててきた山の上に           │
      └        皓々と冴えわたるあの月の輝きを見ては        ┘

    男は詠み終えると、いつしか家を飛び出し、無我夢中で走り出して
    いました。月の美しく輝くあのをばすて山に、大切な大切な母が待
    っていると知ったのでしょう。


                              原話『今昔物語集』 脚色(90%) 江幡

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ