京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】どんな時でも己を貫く!小野篁ここにあり

      ┌──────────────────────────┐
      │ ■ 人呼んで「野狂」──我が道をゆく男!            │
      │ ■ さぁなんと読む?御所の落書き「無悪善」          │
      │ ■ わしは悪くない!己を貫き通して生まれた名歌      │
      └──────────────────────────┘

  ■ 人読んで「野狂」──我が道をゆく男!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    嵯峨天皇の御代、「野狂」と異名をとる一風変わった官吏がいまし
    た。相手が天皇であろうと上官であろうと、一度こうと思ったらテ
    コでも動かない。正しいことはどこまでも正しいと貫き、決して妥
    協を許さない。そんな反骨精神むきだしのこの男、名を――。
              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃  小   野   篁   (おののたかむら) ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    あれ?そういえば、典麗な歌撰集であるはずの『小倉百人一首』の
    詠み手に、こんな名前の男がいましたっけ?
    ──ともかく小野篁という人は、趣深い和歌や見事な漢詩を詠んだ
    人とは思われない、激しい直情型の性格だったようです。そんな彼
    の面影を伝える話をここにご紹介します。


  ■ さぁなんと読む?御所の落書き「無悪善」
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    はじめに言っておきますが、これから話すお話は明らかに後世の作
    り話です。ですが、小野篁という人がどんな印象で受け止められて
    いたかを知ることは、彼の本当の人柄に迫るよい手がかりになると
    思います。
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ある日のこと。誰が立てたものか、御所に立て札が立ててあり、そ
    こに「無悪善」と書かれていた。何と読むのか、何を意味するのか
    誰一人わかる者はいない。否、本当は読める者もいたのかもしれな
    いが、天皇の前であえてそれを口に出そうとする者はない。嵯峨天
    皇はこのとき、博学の小野篁にご下問された…。
    ──────────────────────────────
    ◇ 嵯峨天皇 「『無悪善』とはなんと読むのか?」
    ◆ 小野  篁 「私には読めますが、恐れ多いので申し上げられませ
                  ん」
    ◇ 嵯峨天皇 「かまわぬから申せ!」
    ◆ 小野  篁 「……『さがなくてよからん』と読むのです。君に怨
                  みがあるのでしょう」

     【注】「さが」は嵯峨天皇をさす

    ◇ 嵯峨天皇 「な、なんだと!!  お前だけが読めたということは、
                  さてはお前が書いたのだな!」
    ◆ 小野  篁 「……ですからさきほど申し上げられませんと申しま
                  したのに」
    ◇ 嵯峨天皇 「むむ……、ならばお前は書かれた字はどんなもので
                  も読めると申すのだな?」
    ◆ 小野  篁 「ふっ、わたくしには読めない文字などございません」
    ◇ 嵯峨天皇 「ならばこれを読んでみよ!」

    ――嵯峨天皇はお怒りのままにこう書かれた。

                   『子子子子子子子子子子子子』

    ◆ 小野  篁 「ははぁ、これは『ねこの子のこねこ、ししの子のこ
                  じし』と読むのです」

     【注】「子」が「ね」「こ」「し」と読めることからの機転

    ◇ 嵯峨天皇 「はっはっは!なるほど篁め、うまく読んだものだ!」
    ──────────────────────────────
    帝は機嫌を取り戻され、結局落書きの一件はそこで沙汰止みになっ
    たという。
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    作り話とは言え、あの小野篁ならば、天皇の勘気をこうむっても正
    しいことをまっすぐに直言したに違いない!という後世の人々の期
    待感がうかがわれるお話です。


  ■ わしは悪くない!己を貫き通して生まれた名歌
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    さてここからは史実です。小野篁は、834年に遣唐副使に任命され
    2度唐への航海に乗り出しましたが残念ながら暴風などに阻まれ、
    渡航に失敗してしまいました。そうして3度目の挑戦の時のこと。
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    上役の遣唐大使である藤原常嗣が、出発前に篁のもとへ急に使いを
    寄越した。
    ──────────────────────────────
    ◇ 常嗣の使 「大使様より船を交換せよとのご命令です」
    ◆ 小野  篁 「船を?はて、なぜでしょうか?」
    ◇ 常嗣の使 「大使様の船が破損しております。大使様は、この船
                  では唐まで安全にゆけるかどうか不安だと仰ってい
                  ます」
    ◆ 小野  篁 「な、なんですと!むむむ……!!」
    ──────────────────────────────
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    こうして無理矢理船を交換させられた篁でしたが、ここで黙ってい
    られる男ではありません。病と称して結局渡海しなかった彼は、さ
    すが博識の人――『西道謡(さいどうよう)』という見事な詩をつく
    り、痛烈に大使の専横を批判しました。しかしこれが嵯峨天皇の逆
    鱗に触れ、彼は隠岐に流される羽目に…。

     ┌───────────────────────────┐
     │わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人にはつげよ海人の釣舟│
     └───────────────────────────┘

      ┌                    海女の釣舟よ                    ┐
      │   都に残してきた恋しいあの人にだけは告げてほしい   │
      │     大海原にあまたある島々の間を縫うようにして     │
      └           篁は舟を漕ぎだしていったよと…           ┘

    彼が隠岐へ向かう途次、恋する女性との別離の切なさをしたためた
    この一首が、1200年の時を経てなお読み継がれる名歌となったので
    した。
    ──────────────────────────────
    PS:篁はその詩才と博識を惜しまれ、2年後には京に呼び戻されて
    復位し、のちに参議まで出世しました。スジを通し己を貫きつづけ
    た小野篁は、憎まれても憎まれても、愛されつづけた男でした。

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ