京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】左大臣源融・あぁ…わが豪邸に未練アリ!

      ┌──────────────────────────┐
      │ ■ 光源氏が住んだのはこんなおうち?                │
      │ ■ ハッキリ言って異常!融左大臣流「もののあはれ」  │
      │ ■ 邸宅への執着、死後も棄てられず…                │
      │ ■ 朽ち果てても残った融左大臣流「もののあはれ」    │
      └──────────────────────────┘

  ■ 光源氏が住んだのはどんなおうち?
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    かの光る源氏の君が住んだ豪邸・六条院。
    春夏秋冬の四つの庭をしつらえ、紫の上・花散里・秋好中宮・明石
    の君を住まわせたその豪邸のモデルは、【河原院(かわらのいん)】
    だったと言われています。つまり、
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃  左 大 臣     源    融  ( みなもとのとおる ) ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    の邸宅です。そのお屋敷の壮麗なことは当時から世に聞こえ、融自
    身も【河原の左大臣】と呼ばれていたほどでした。
    この方は嵯峨天皇の皇子でしたが、臣籍に下り源氏の姓を賜ったこ
    とや、かなりの美男子だったらしいことから、光源氏のモデルの一
    人と言われています。


  ■ ハッキリ言って異常!融左大臣流「もののあはれ」
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    一時は天皇の位を望んだと言われる左大臣源融。
    藤原氏の反対にあい、ついに悲願は叶わず、また同時代に若き敏腕
    政治家・太政大臣基経があったためこれと言った事績も残せず、そ
    の政治的不遇のせいでしょうか、河原院にかける彼の情熱は並々な
    らぬものがありました。
    河原院は六条の鴨川のそばにありました。もともと数々の趣向を凝
    らした庭でしたが、鴨川から水を引き入れて池をつくっただけでは
    気がすまず、陸奥国の【塩釜の浦】の景色を庭に移したいと思い立
    ち、なんと難波からわざわざ海水を運ばせて池に湛え、塩焼をさせ
    てその景色を楽しんだというんです!!しかもその水底には、海に住
    む魚や貝が飼われていました。──これは「贅沢」というレベルを
    とうに超えて「異常」の域にまで達しています!


  ■ 邸宅への執着、死後も棄てられず…
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    左大臣源融がこれほど異常な風流を楽しむ場所とした河原院は、彼
    が亡くなり、邸宅がそっくり宇多法王に献上されるに及ぶと、その
    執着の深さゆえにこんな逸話を生みました…。
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ある日のこと。法皇が河原院の一間で眠っていらっしゃると、西の
    対のほうから衣ずれの音をさせて近づいてくる者があった。法皇は
    不審にお思いになり物音の方をご覧になると、衣冠束帯につつまれ、
    きちんとした装束をまとった者がそこにかしこまっていた。
    ──────────────────────────────
    ◇ 宇多法王 「お前は誰か?」
    ◆ 謎の人物 「この家のあるじの老人でございます」
    ◇ 宇多法王 「融の大臣か?」
    ◆ 謎の人物 「そうでございます」
    ◇ 宇多法王 「何の用だ?」
    ◆ 源融大臣 「わが家なので以前よりずっと住んでおりますが、帝
                  がお出ましになったのがもったいなく、窮屈にして
                  おります。どうすればよろしいでしょうか?」
    ◇ 宇多法王 「さてもおかしなことを申す。死んだお前の子孫がわ
                  しに献上してまいったこの屋敷、わしが住むのは道
                  理である。わしが奪い取ったとでも言うのであれば
                  ともかく、礼儀もわきまえず、なぜこのように恨む
                  のか!!」
    ──────────────────────────────
    法王に一喝され、融の霊はどこへともなくすーっと消えていったと
    言う…。
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    この有名な逸話は、手塩にかけてつくりあげた河原院への執着が題
    材となっていますが、もう一つ、忘れてはならない背後関係があり
    ます。源融は、かつて皇位を望んだとき、「たとえ天皇の皇子とは
    言え、一度臣籍に下った者が天皇についた例はない」と太政大臣藤
    原基経の反対にあい夢破れたのでした。ところが光孝天皇が崩御さ
    れた際、同じく天皇の皇子で臣籍に下りながら、基経が推して帝位
    につけたのが何を隠そう宇多天皇その人だったのです。
    ──────────────────────────────
    政治的敗者ではあっても、依然として河原院を「わが家」と呼びつ
    づける左大臣源融。政治的勝者であるがゆえに、融への後ろめたさ
    からその亡霊に追われる宇多法王。上の逸話は、単なる幽霊話とい
    うにはずっと情念の根が深そうですね…。


  ■ 朽ち果てても残った融左大臣流「もののあはれ」
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    夕暮れの塩焼の景色──その一瞬の風景を見たいがために莫大な浪
    費を厭わなかった左大臣源融。月日がたち、やがて荒れ果ててしま
    った河原院は、歌の名手たちの格好の題材となりました。貫之、能
    因法師、源道済など、そうそうたるメンバーがいにしえの風雅を偲
    んだ歌を詠んでいます。

    ┌────────────────────────────┐
    │行く末のしるしばかりに残るべき松さへいたく老いにけるかな│
    └────────────────────────────┘
      ┌            河原院はここにあったのだよと            ┐
      │       後の世の目印になるはずだった西の対の松       │
      │                    その松さえも                    │
      └      今ではすっかり老木になってしまったことだ      ┘

    三十六歌仙の一人・源道済の歌です。土佐国から上京してきた紀貫
    之は、久々に見る河原院の、塩を焼く煙が絶えた塩釜を見て「うら
    さびしくもみえわたるかな」と感慨をもらしています。

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ