京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】今昔物語集 宇治拾遺物語 古今著聞集 古本説話集 〜平安の物語〜

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ

 【平安の物語】気むずかし屋の最高権力者。涙の便り。

  平安時代中期、関白太政大臣・藤原実頼(さねより)という方がいました。
  時の最高権力者でしたが、気むずかしく融通の利かない性格だったため、
  周囲の人間からはすこし敬遠されていました。

  この実頼に、少将・敦敏(あつとし)という息子がいました。
  実頼はこの息子をずいぶん可愛がっていたらしく、敦敏が36歳という若さで
  病気で亡くなってしまうと、その嘆きぶり異常なほどでした。

  「あぁ、わたしの可愛い可愛い息子よ……。
    どうしてわたしを置いて逝ってしまったのか……。
    悲しみから逃れるすべを知らぬ父をひとり残して……」

  そうして息子の喪があけるころ。
  ふと、奥州に住む懐かしい人から一通の便りが届きました。
  敦敏の乳母だった女が、昔を懐かしんでこんな手紙をよこしたのです。

  「歳をとったせいでありましょうか。
    近ごろ昔のことばかり偲ばれて、若君に再会したい気持ちでいっぱいです。
    今頃は36歳。さぞやご立派な男ぶりでありましょうね」

  実頼は古い人からの消息を手にしながら、
  大粒の涙をポロポロと落として、こう返事をしたためました。

  「息子は先日、病で亡くなってしまいました。
    わたしだけがこうして生きながらえております……」


  【歌】まだ知らぬ 人もありけり 東路に 我もゆきてぞ 過ぐべかりける

  【意】東国にはわが子の死をまだ知らない人がいたのですね。
        そうと知っていたなら、わたしも東国へ行って住んでいたものを。
        息子の死に目にあわずにすんだものを……。


  手紙に書き添えられたその歌には、時の最高権力者としての威厳も、
  気むずかし屋としての頑なさもありませんでした。
  彼もまた、か弱い一人の親だったのです。


                                    脚色  江幡店長  出典『古本説話集』

 

京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】『平安の物語』バックナンバー一覧へ


せんべい,煎餅,おかき,あられ,おせんべい【長岡京小倉山荘】
京都せんべいおかき専門店【長岡京小倉山荘】TOPへ